1、フレンチブルドッグのご飯選びは?

フレンチブルドッグは人間が好きで一緒に遊んでもらう事が大好きでやんちゃです。ただその分おおらかな性格も持ち合わせていて常に走り回っているというよりは飼い主の隣でゆっくりしている事も好きな子ですよね。そんな愛らしいフレンチブルドッグが毎日口にするものはいいものをあげたいと思いますよね。こちらでフレンチブルドッグの食事で多い悩みを紹介しています。ご飯を選ぶ参考にしてください。

1−1、肥満対策のごはん選び

フレンチブルドッグは非常に肥満になりやすい犬種です。フレンチブルドッグは食欲旺盛で食に対する執着は底知れません。肥満は将来心臓病や糖尿病のリスクが高まる他に色々な病気の併発を起こします。去勢や避妊を行うと肥満になりやすい傾向があります。これは生殖機能が動くための消費エネルギーが去勢、避妊によってなくなるのに関わらず食事の量が変わらなかったためです。運動量を増やす事は勿論ですが、肥満が酷い場合には肥満用フードというものもあります。食事が物足りなさそうで可哀想、おやつで喜ぶから、と甘やかしてしまうと将来に大病というもっと可哀想な出来事が起こるかも知れません。

1−2、皮膚炎になりやすい / 予防したい

フレンチブルドッグは皮膚炎が多いと言われています。皮膚が弱くアレルギー性皮膚炎やアトピー性皮膚炎、湿性皮膚炎などになりやすいといわれます。皮膚が弱いのでカビ、細菌などが繁殖してしまったりストレスで皮膚炎をおこしてしまうのです。では、どのようにすればいいのでしょうか?フードを変えただけで皮膚炎のトラブルが減ったという事も多いです。
皮膚炎は原因がいくつかあります。皮膚を清潔に保つことが大前提ですが皮膚を丈夫にし皮膚炎を起こしにくい食事があります。
フレンチブルドッグの皮膚にいいのは良質なタンパク質です。
植物性のみや低タンパク質の食事は皮膚トラブルを起こしやすい原因です。病気で獣医師から低タンパク質の食事と言われていない限り、良質なタンパク質の食事が最適です。チキン、ラム、ビーフなど原材料名が記載されているものを選ぶことです。「ミール」と書いてあるのは何の肉か分からないだけでなく、さらに肉だけではなくクチバシなど丸ごとミンチにされているものがほとんどです。あとは動物性タンパク質だけではなく体内で作ることが出来ないオメガ3、6脂肪酸(サーモンオイルや亜麻仁油など)が入っているものがフレンチブルドッグの皮膚には必要です。そしてアレルギー性皮膚炎はメインとなる食材でアレルギーを起こしている可能性もあります。食事でのアレルギー性皮膚炎ならばメインとなる食材を変える必要があります。
アトピー性皮膚炎は添加物の多い食事から起こりやすいと考えられています。着色料は飼い主から見て綺麗な色合いにしているだけで、さまざまな色の判別をしないフレンチブルドッグにとって有害でしかありません。そして酸化防止剤も自然由来のもの(ローズマリーや緑茶などから作られているもの)と合成的なもの(BHA、BHT、エトキシキン等)があります。合成的なものは人間の食品では禁止されているものもあります。原材料名に必ず記載がありますので確認しましょう。

 

1−3、まとめ

フレンチブルドッグの健康のためには良質なタンパク質が必要です。そして上記のような添加物の入っていない、もしくは少ないものを選ぶようにするといいですね。
いつまでも元気でやんちゃなフレンチブルドッグでいてもらうために良質のドッグフードを選んでくださいね。

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。