127875067

画像参照:ミックス犬ダップーくーかい+みらくののほほんな毎日

 

最近ペットショップでもよく見かけるようになりましたダップー。とても流行っています。

これからダップーを飼おうと思っている人、すでに飼っていていて上手に育てていきたいとお勧化の方にむけて、ダップーについて性格や飼い方、おすすめのドッグフード選びなどについてお伝えしてきます。

 

1.【おさらい】ダップーとは?

1

画像参照:ミックス犬販売【Dog-search】 ダップー子犬詳細NO,22

 

まずはダップーとはどのような犬種なのか?お話ししていきたいと思います。

ダップーはその名の通りダックスフントの『ダ』とトイプードルの『プ』を合わせたミックス犬の名称です。最近は、ダップーのようなミックス犬をよく見かけるようになりましたが、雑種とミックス犬と何が違うのでしょう。

ちなみにダップーはミックス犬になります。ミックス犬とは純血種×純血種で、雑種は、それ以外のブリーデイングの事を言います。ですから、ダップーも純血種×純血種のブリーディングから生まれたわんちゃんたちなのです。

全く容姿が異なる犬種の掛け合わせなので、どんな容姿の子なのかは生まれてみないと分かりません。同胎犬でも容姿に大きな違いが出ます。ミニチュア・ダックスフンドもトイプードルも毛色のバリエーションが豊富な犬種ですので、全く同じ容姿を持つ子に出会う可能性は極めて少ないでしょう。

その子だけのオンリーワンの容姿という点からも、個性を好む人にはとても魅力的な犬種だと言えます。

 

1-1.ダップーの性格は?

ダップーはダックスフントの性格とトイプードルの性格の両方を持ち合わせて生まれてきますので、とてもフレンドリー(遊び好き)で甘えん坊で、それでいて勇敢な側面や好奇心旺盛で活発な側面もあり、とても魅力的な性格を持ち合わせて生まれてきます。ただ、個体差もある事を忘れずに。

ミックス犬はとにかくとても個性的です。そこが魅力でもありますので、そこの所をよく理解して家族に迎えると良いでしょう。ですが、基本的には性格面ではしつけがしやすく飼いやすい犬種といえます。

純血種は、昔から受け継いだ遺伝子により、性格、性質はとても安定してます。ミックス犬は純血種に比べるとどうしても違ってきますので、ユニークな部分を楽しみましょう。

 

1-2.体つきの特徴は?

では、体はどうでしょうか?ミニチュアダックスフンドの特徴が強く出ると、可愛く愛らしい胴長短足の体型になります。この場合、短い足で長い胴体を支えるため関節への負担がかかりやすくなります。

また、ミニチュアダックスフンドには太りやすいという特徴もあります。肥満にさせてしまうと関節への負担がさらに大きくなるため、頚椎椎間板ヘルニアや肥満には気をつけてあげなければいけません。

トイプードルの特徴が強く出ると、クルクルの巻き毛とバランスの良い体型の子になります。体質は、胃腸が弱い・皮膚のトラブルが多いなどデリケートです。また、シニア期以降関節のケガなどのトラブルには要注意です。

 

1-3.ダップーの飼い方

 

point

ダップーといえども通常の犬と同じように飼います。特に気を付ける点も通常のわんちゃんと一緒です。とにかく、人に迷惑をかけないようなしつけをしっかりと入れる事が第一です。

無駄吠え、飛びつきはもちろんしつけによって改善されてきますので時間をかけてでもこの部分のしつけはいれたいものです。お座り、待て、来いなど出来るとお散歩の時に安全ですので、始めは簡単な所から遊びの中でしつけをして行きたいですね。

購入方法はできればブリーダーさんから譲っていただくのがよいでしょう。直接親犬を見ることで、色々と性格を聞くこともできるでしょうし、心配点なども質問ができるので良いですよ。

 

1-4. ダップーのドッグフード選びのポイントは?

dogfood_kirikae

骨と関節・お腹の健康・皮膚トラブルに気をつけたいダップーにおすすめの成分をまとめました。

1)骨・関節のケガやトラブル

「グルコサミン」
関節軟骨の育成をサポートしてくれます。

「コンドロイチン」
関節軟骨を傷つけてしまう酵素を減少してくれます。

「サーモンオイル」
オメガ3脂肪酸が関節の炎症を和らげてくれます。

 

年齢とともに関節軟骨の主成分であるグルコサミンやコンドロイチンは減少していきます。健康な骨・関節をサポートしてくれるグルコサミン・コンドロイチン・サーモンオイルが入ったドッグフードが良いでしょう。高齢になると足腰のトラブルを起こしやすくなります。シニア犬になる前から与えてあげることで、将来的にも健やかな生活を期待できます。

現在、グルコサミン・コンドロイチン・サーモンオイルが入ったドッグフードは数多く販売されています。含有量を比較されてみて、その中から良いと思われるドッグフードを選んでください。

なお、これらの成分が含まれ、関節に良いドッグフードについては「関節に良いドッグフードの選び方で大切なことは?」という記事でもお伝えしていますので、よろしければご参考になさってくださいませ。

関節に良いドッグフードの選び方で大切なことは?

 

2)胃腸が弱い

「グレインフリー(穀物不使用)」
犬は穀物を消化するのが苦手です。消化不良を起こしやすくなるだけでなくアレルギーを引き起こす原因にもなることが分かっています。グレインフリーのドッグフードを選んであげることで消化吸収がアップし、お腹を健康にしてくれます。

「オリゴ糖」
腸内の健康維持に作用してくれる善玉菌を増やして、腸内環境を整えてくれます。

 

3)皮膚病トラブル

「オメガ6脂肪酸」
皮膚と被毛を健康な状態に修復してくれます。

「オメガ3脂肪酸」
血液凝固や炎症を抑えてくれる作用があります。

オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸がバランス良く入っているということが大事です。

 

1-5. おわりに

ドッグフードを他の種類に切り替えるときは、愛犬の様子を見ながら、2〜3週間かけて切り替えていきましょう。食事内容をしっかりと管理することで犬種特有の病気を改善してあげることができます。まずはドッグフードを見直すことから始めてみませんか?

ミックス犬の場合、2犬種を2で割ったような特徴の子が生まれるわけではなく、どちらかの犬種の特徴が強く出ることが多いようです。純血種と違い、犬種特有の性格やかかりやすい疾患など1頭1頭でそれぞれ違います。成長過程の予想が付きにくく難しいという特徴を念頭に置きながら、全部ひっくるめて愛情深く見守り育ててあげてください。

 

【※ダップー関連記事※】

より詳しくダップーについて知りたい方は「成犬のダップーが太り過ぎ!?フード選びと健康ケア対策とは?」という記事でもおつたえしていますので、よろしければご参考になさって下さいませ。

成犬のダップーが太り過ぎ!?フード選びと健康ケア対策とは?

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。