kogee

1.コーギーのご飯選びはどうする?

胴長短足で元気いっぱいのコーギー。活発で頭が良くてとっても愛らしいですよね。毎日の食事だからこそコーギーにいいものを食べさせたい。そしていつまでも健康でいて欲しい、そう思う飼い主さんも多くいらっしゃるかと思います。ここでは、カーディガンコーギーとウェルシュ・コーギーペンプロークの食事で一般的に多い悩みを紹介しています。食事(ごはん)選びで大切なことをしっかりと押さえておけば、健康的な生活を過ごす支えになってくれます。ぜひ、参考にしてみてください。

 

1-1.「肥満対策」を考える。

コーギーは非常に肥満になりやすい犬種です。コーギーは食欲旺盛で食に対する執着は底知れません。肥満は将来心臓病や糖尿病のリスクが高まる他に色々な病気の併発を起こします。去勢や避妊を行うと肥満になりやすい傾向があります。これは生殖機能が動くための消費エネルギーが去勢、避妊によってなくなるのに関わらず食事の量が変わらなかったためです。運動量を増やす事は勿論ですが、肥満が酷い場合には肥満用フードというものもあります。食事が物足りなさそうで可哀想、おやつで喜ぶから、と甘やかしてしまうと将来に大病というもっと可哀想な出来事が起こる可能性も。与えるときは与える、押さえるときは抑える、このバランスは、飼い主さんがしっかりと意識しておきましょう。

 

1-2.椎間板ヘルニアや関節の病気 / 予防したい

コーギーは胴長短足という体形からヘルニアや関節痛になりやすい犬種です。特に高い所から飛び降りたりフローリングの上を走り回ったりすると椎間板ヘルニアや関節の損傷の原因となってしまいます。ただコーギーはとても活発な子ですのでなかなか大人しく出来る子ではありません。そういうコーギーにはグルコサミンやコンドロイチンが配合されているドッグフードがあります。グルコサミンやコンドロイチンはサプリメントでもありますので総合栄養食であるドッグフードの他にサプリメントを併用するのもいいと思います。

1-3.添加物の多いフードは控えよう。

コーギーは肥満に気を付け椎間板ヘルニアや関節に気を配った食事を用意してあげる必要があります。そして添加物が多いドッグフードは健康的ではありません。着色料は飼い主から見て綺麗な色合いにしているだけで、さまざまな色の判別をしないコーギーにとって有害でしかありません。そして酸化防止剤も自然由来のもの(ローズマリーや緑茶などから作られているもの)と合成的なもの(BHA、BHT、エトキシキン等)があります。合成的なものは人間の食品では禁止されているものもあります。原材料名に必ず記載がありますので確認しましょう。

1-4.つやのある毛並みにするために

コーギーにとってタンパク質は必要なエネルギー源です。植物性のみや低タンパク質の食事は被毛がパサパサする原因です。病気で獣医師から低タンパク質の食事と言われていない限り、良質なタンパク質の食事がつやのある毛並みには最適です。このとき体積なのが、チキン、ラム、ビーフなど原材料名が記載されているものを選ぶことです。「ミール」と書いてあるのは何の肉か分からないだけでなく、さらに肉だけではなくクチバシなど丸ごとミンチにされているものがほとんどです。あとは動物性タンパク質だけではなく体内で作ることが出来ないオメガ3、6脂肪酸(サーモンオイルや亜麻仁油など)が入っているものもあわせて選びましょう。

 

1-5.最後に

以上、「コーギーの椎間板ヘルニアや肥満におすすめのご飯選びは?」というテーマでお伝えしてきましたがいかがでしょうか?コーギーのごはん選びには様々なポイントがあります。ですが、それらのポイントをしっかりと抑えて適切なご飯を与えることで、大切な愛犬と一緒の時間を、長く健康的に過ごす事が出来るでしょう。あなたの愛犬との毎日がより楽しいものになりますように。

【参考】本日お伝えした特徴を抑えている、コーギーにおすすめのドッグフードならこちら

→ 「カナガンのドッグフード」公式サイト

 

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。