1.コーギーのミックス犬の特徴について

胴長で短足に加えて可愛らしいプリケツが魅力のコーギーとのミックス犬が近年では人気が高くなってきています。コーギーとのミックスで人気なのがチワワ、トイプードル、ミニチュアダックスフンド、ポメラニアン、柴犬などが代表的です。コーギーの胴長短足な良いところとそれぞれ親の容姿の特徴をしっかり引き継ぎますので人気が高いのも納得ですね。

とはいえ、大きくなれば純血種として病気にかかりやすい特徴も引き継ぎますので健康には十分に注意する必要があります。病気にかかって慌てる前に今からやれることをしっかり準備しましょう。

1-1.コーギーのミックス犬はドッグフードで育てたほうが良い?

手作りごはんで育てる場合は完全な栄養計算ができる人以外はドッグフードを活用したほうが絶対に良いですし長生きします。統計的なデータは把握していませんが、私の周りを見て思うことは手作りごはんを与えている犬のほうが長く飼う年数に連れて3歳以上の年の差を感じるくらい老けて弱っていました。

恐らく長年の消化不良や栄養不足によって臓器機能が低下して免疫力が落ちていたんだと思います。ちなみに米国の獣医医師で動物栄養学の資格を持つ先生の手作りレシピには、様々な栄養素が取り入れられるサプリメントも併用していることが記されていました。それを踏まえると素人レベルで手作りごはんを毎日食べさせるのは相当な大きなリスクを抱えることになることは間違いありません。

結論としてはやはりコーギーのミックス犬はドッグフードで育てたほうが良いということになります。

1-2.コーギーのミックス犬に合うドッグフードとは?

コーギーのミックス犬に問わず良いドッグフードにはしっかりとした特徴があります。それは主原料をお肉としているドッグフードです。ドッグフードには「~犬専用」とか「肥満になりにくい」などの売り文句が散乱していますがそのほとんど共通しているのが穀物を主原料としていることです。

コーンや小麦、米などの穀物は人間にとっては馴染みの深い食材ですが犬にとっては栄養価が無いに等しいと言われています。さらに、消化不良を起こしやすいので免疫力が低下したり栄養素の吸収を阻害したりと様々な弊害をもたらします。にもかかわらず多くのドッグフードは穀物が多用に含まれているのは正直納得できません。

あなたは今日からこの事実を知った訳ですから穀物が多用に含まれたドッグフードは選ばないようにしてくださいね。

1-3.胃腸の弱いワンちゃんが増えている理由

近年では胃腸が弱いワンちゃんが増えてきています。その理由は前途でお伝えした穀物の過剰摂取です。穀物に含まれるグルテンは粘性で腸粘膜を覆われていてそれを剥がそうとして炎症を引き起こします。さらに、グルテンは犬のアレルギーの原因№1とも言われています。ワンちゃんが食べるドッグフードやおやつなど色々と穀物が使われているのが現状です。穀物の過剰摂取はくれぐれも注意してください。

 

1-4.まとめ

穀物をメインとしているかどうかの判断基準はパッケージの原材料表記の最初に書かれていないことを確認することです。原材料がもっとも割合が多いのは一番最初に明記するということがルールで決まっているのでドッグフードを選ぶ際は参考にしてみてくださいね。

 

【関連記事】→ 【理想の食事】おすすめするドッグフードの選び方とは?

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。