1.チワワの低血糖を対策とは

1-1.低血糖の治療方法について

低血糖の治療方法はいくつかあります。その方法とは糖分の補給、基礎疾患の治療、再発予防と言った治療方法があります。うまくすれば低血糖を抑えたり、治したりすることが出来ますが、しっかりと検査をしていくようにしてください。低血糖でも場合によっては異なる治療が必要な場合があります。しかし、大体これらの方法で治療されます。

1-2.チワワの低血糖予防

チワワの場合身体が小さいため、食べ物が蓄積される時間が他の犬よりも少ないです。その特徴から、お腹が減るというのも比較的早いでしょう。そしてその事が関係して、低血糖になりやすくなっています。この空腹が低血糖の原因になることがありますので、それを予防するためにも回数を増やすという方法があります。子犬場合6~12時間の絶食でも低血糖になることがありますので注意しましょう。

(【参考記事】→ 小型犬の低血糖は危険な理由とは!?症状と対策について

また成犬に多くみられるのですが、過度な運動が原因になることがあります。基本的に犬は運動をするのが良いです。ですから、沢山遊んであげるとストレスなどの解消になって良いのですが、過度な運動はどちらかと言うと低血糖になる場合がありますので注意です。チワワなどの小さ犬ですと他の犬よりも運動量が違います。ですから、過剰な運動になることがありますので、適度な運動はさせつつ過剰に運動をしないようにしましょう。
あとは、基本的なことですが犬の状態が悪くなった場合は獣医に相談をするようにしてください。どのような病気でも早期発見早期治療が一番良いので、しっかりと見てあげるようにしてください。

1-3.低血糖にならないためのご飯のやり方

基本的には食事の回数を増やすのが対策の1つです。ですが、食欲がわかない場合があり、うまく食べてくれないということがある場合がありますが、その場合は食べ物やあげ方を変えてみることをおすすします。特に肉類を多めに与えて食欲意欲を上げるようにしましょう。ともかく、出来るだけ食べさせてお腹に入れておくようにしてください。
症状が進行すると普通に食べることが難しいという場合があります。その場合はスポイトや注射器などで入れてあげるのが良いです。獣医に相談をして栄養剤を打ってもらうというのもありますので、獣医に相談をして適切な処置をするようにしてください。
突然チワワの状態が悪くなった場合の応急処置があります。ブドウ糖やハチミツ、砂糖水を与えると回復する場合があります。ただし、多めに与えると逆に高血糖になりますので注意しましょう。あくまでも少しだけ与えるようにしてください。あくまで応急処置といえる対処の方法であるため、その後獣医に相談をするようにしましょう。

1-4.まとめ

以上「チワワの低血糖の予防と対策は?ごはん選びで注意すべきことは?」というテーマでお伝えしてきましたがいかがでしたでしょうか?これらはあくまでも低血糖の状態の場合での対処方法です。これが違う病気の場合は場合によっては逆効果になることがありますので注意です。故に、獣医に相談をして本当に低血糖になっているかを確認するようにしてください。それ以外の場合は他の方法で対処していくようにしましょう。

【合わせて読みたい関連記事】→ チワワにおすすめのドッグフードは?何を基準に選ぶといいの?

 

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。