1.キャバリアの健康が気になるからこそ食べてほしい!

1-1.キャバリアのフード選びは心臓病や体重との兼ね合いを考える

キャバリアは心臓病になる確率が極めて高い犬種でもあります。実際に家族の一員として一緒にいる飼い主さんの中にはすでに心臓病と戦っている飼い主さんもいらっしゃいます。キャバリアは心臓病の発症率が非常に高い犬種でもあります。その為、心臓に負担をかけないような身体作りをする必要があります。心臓に負担をかけない為には「適正な体重を維持する」ことが大切です。

1-1.心臓疾患になる原因について

心臓疾患の原因としては、これらがあります。高齢になったから、先天性によるもの、生活が悪いこと、食事が原因などのような原因により心臓疾患になる場合があります。もちろん、これ以外が原因でなることもありますし、これらを守っていれば心臓疾患ならないというわけではないので、状態を確認して早めの対策が出来るようにしてください。

1-2.キャバリアの心臓疾患はどうすればよいか

キャバリアが心臓疾患になることがありますが、その時の対策としてはこのようなのが良いです。ただし、基本的には獣医に相談をするのが良いので相談をするようにしてください。まず、どのような心臓疾患かを確認するようにしてください。主に原因と種類です。先天性ですと元の親犬に原因がありますので、それに対応して。生活に原因があればそれを解決することである程度症状を抑えることが出来ます。他にもドッグフードを変更することでも症状緩和がある場合があります。というのも心臓疾患はドッグフードで発生することがあります。その原因が穀物です。これが入っているドッグフードは多少なりとも心臓疾患になる可能性が出てくるので注意です。ですから、それを使っていないドッグフードに変更することが対処になることがあります。ただし、これをしたからと言って必ず心臓疾患にならないというわけではないので注意です。

1-3.ドッグフードのカナガンに変更をおすすめされた

ドッグフードにも様々なものがありますが、心臓疾患を持ったキャバリアでカナガンを獣医に勧められたという人がいるかもしれません。このカナガンはどうしておすすめされているのかを説明していきます。カナガンは心臓疾患になる原因の穀物を使っていません。それ故に心臓疾患になる要素を1つなくしている事になります。また、栄養バランスも良いドッグフードですのでおすすめされることがあります。ただし、カナガンを食べたからと言って必ず心臓疾患にならないというわけではないです。先天性のような場合はそもそも対処がほぼ難しいし、他の原因でなる場合もあります。ですから、過度な期待はしないようにしてください。
また、カナガン同様穀物を使用していないドッグフードがありますので、必ずしもカナガンではないといけないわけではないです。しかし、穀物が入っているドッグフードを与え続けるのは控えるのが良いので、よく考えてドッグフードの変更はしないといけないでしょう。

ちなみに、安いドッグフードの場合穀物を使っていることが多くあります。ですから、ある程度値段を出して良いドッグフードを選択するのが良いかもしれません。と言っても、安いドッグフードの中にも穀物を使っていないものがあるはずなのでそれを選択してみると良いかもしれません。しかし、カナガンの場合キャバリア以外の犬種でも対応しているので多くの犬の餌を良くすることができるので、その点は良い点でしょう。ですから、よく考えて使用するようにしてください。

 

1-4.まとめ

以上、「キャバリアは心臓疾患を考えたドッグフード選びがおすすめ!」というテーマでお伝えしていきましたがいかがでしたでしょうか。キャバリアの体調と健康を考えた時に、出来るだけケアできるご飯を選んであげたいと思うのは飼い主さんなら誰しも思うところかと思います。長く、元気に愛犬と過ごすためにも、キャバリアのドッグフード選びにはこだわってみて下さいね。

 

【参考】→『カナガン』の公式サイトはこちら

 

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。