1.ポメラニアンのおすすめごはんのレシピってどのようなものがある?

1-1.手作り食を始めるときに気を付けること

手作り食は、栄養のバランスや量がとても難しいといわれてます。今ではインターネットで検索したり、犬のための手作り食の本も販売されているので、栄養のバランスの取り方や一日の量など調べることはできますが、本格的にやっている方は、時々愛犬の血液検査をしたりしながら、獣医さんにしっかりご相談したうえで、手作り食をやっている方が多いのは事実です。食事から十分に取ることができない足りない栄養素は、獣医さんにサプリメントとして処方していただいたりすることをおすすめします。(プロバイオティクスや消化酵素、ビタミン剤など)また手作り食を始めるのに、愛犬の体の様子を良くチェックし、手作り食を始めても良いか判断をしたうえで、始めるようにしましょう。

1-2.ポメラニアンのおすすめごはんレシピ

まずは、愛犬に必要な1日のエネルギー量を計算していきます。また食材ですが基本的に犬は肉食です。なので、新鮮なお肉やお魚が中心で足りない栄養素をお野菜など加えて補う形が良いでしょう。また、愛犬が抱えている病気(例えば関節症など)に合わせて、必要な栄養素を多めに入れるレシピを作るのものおすすめです。亜麻仁油などのオメガ3脂肪酸・高品質のたんぱく質とアミノ酸・コンドロイチン・カルシウム・コラーゲン・ビタミン・低脂肪・十分に加熱調子されたリンの含有量が少ない炭水化物・時には魚油など健康を考え手作り食に加えて行きましょう。病気などがある場合は割合が変わるので獣医さんにご相談していただきたいですが、通常は肉や魚7:野菜2:穀類1でお食事を作ると良いです。栄養素が心配な場合は、ドッグフードにトッピングすることから始めましょう。レシピ本によっても違いますがドッグフード・野菜・肉の割合を5:3:2くらいがよいでしょう。
一日の必要なエネルギー量の計算の仕方ですが、体重の0.75乗に×70をします。そしてこの数に、必要な係数をかけて行きます。必要係数は以下です。
・去勢避妊済みの成犬:1.6 ・去勢避妊していない成犬: 1.8 ・肥満傾向の犬:1.4 ・安静時: 1.0
すると、一日の必要エネルギー量が出てきますので、それを参考にレシピを考えて行ってください。

白米、サツマイモ、豚ひれ肉、大根、山芋、かぼちゃ、ニンジン、亜麻仁油→これらを必要なエネルギー量ごとにカロリー計算し、すべて茹でて、混ぜる。(白米は炊いたもので。生米は与えてはいけません)

1-3.おわりに

愛犬の体を作る毎日のお食事は本当に大切なものです。ご飯のレシピも健康なときは良いのですが、何かしらの病的症状がある場合は、その病気の特徴を良く知ったうえで、必要な栄養素、また不必要な栄養素を考え、レシピを考えていかなくてはなりません。きちんと、栄養素が取れているのか、量は大丈夫なのかなど心配な場合は、時々動物病院に行って血液検査をしていく事が大切となって行きます。食べていいもの、悪いもの、栄養素の事、カロリー計算についてなど、飼い主さんも勉強しなければならないこともありますので、楽しくお勉強しながら愛犬の食事を作ってあげてください。

 

【関連記事】

ポメラニアンの飼い方と良いドッグフードの選び方って?

 

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。