1.正しい知識で愛犬を助けてあげよう。

トイプードルは下痢をしやすい犬種でもあります。ですが、飼い主さんがしっかり知識を持って対応すれば、自宅で犬にストレスをかけることなく対処することが出来ます。犬に対して知識の少ない飼い主さんが慌てて動物病院に駆け込んでしまうことがありますが、飼い主さんが慌てると犬にも気持ちが伝わってさらに症状を悪化させてしまうこともありますので、まずはそうならないように、慌てず騒がずしっかりと落ち着いて対応していきましょう。

 

1-1.水分の取り過ぎ

知識として頭に入れておくとよい事は、下痢の原因の多くとして考えられるのが、水分を摂り過ぎた場合です。大腸での水分吸収が間に合わずに下痢の症状で表れる場合があります。ごはんの成分が変わったりすると下痢を起こしやすくなりますので、ごはんを変える時は徐々に変化をつけていくことが大切です。下痢は食事が原因で起こることが多いので、身体の小さいトイプードルは細心の注意が必要です。ごはんの種類を変えるときは、1日5gずつ変えていって、急に種類が変わることのないようにコントロールしてあげることが大切です。下痢が1回で治まれば安心ですが、下痢をした時は、1食ごはんを抜くことをして、胃腸を休めてあげることが大切です。胃腸を休めても、ごはんの切り替えに時間をかけても下痢を繰り返すようであれば病気の可能性が高いです。

 

1-2.ストレス

トイプードルで考えられる事はストレスです。トイプードルは飼い主さんの雰囲気や状況を良く見ていて、感じ取る力が非常に優れている犬種です。それ故に、私たちが気がつかないうちにストレスを溜めている可能性が高いです。ストレスのはけ口がないと、身体に症状が出る、それが下痢として表れる場合があります。トイプードルはアレルギー発症率が高いので、食事アレルギーが原因の場合はアレルギー検査をする必要があります。ですが、アレルギー検査は結果が出るまでに1週間程度時間がかかってしまうので、結果が出るまでに整腸剤などで対処することもあります。ですが、人間用のビオフェルミンを砕いてあげると、病院で貰う整腸剤と同じくらいの効果を発揮しますので、もし病院が開いていない時に下痢を起こしてしまった時は、人間用のビオフェルミンを与えることで愛犬の身体を楽にしてあげることが出来ます。さらに、トイプードルに多いのが「アジソン病」です。アジソン病は下痢や食欲不振を繰り返すのが症状の特徴なので、繰り返している様子があったらすぐに診察を受けましょう。

 

1-3.まとめ

以上、「トイプードルの下痢。正しい知識で対処出来るようになろう」についてお伝えしてきましたがいかがでしたでしょうか?大切な愛犬の下痢で心配になる気持ちはとても良く分かります。ですが、自宅ですぐに対処できることがたくさんあるので、まずは状況を良く見ている飼い主さんが正しい対処をしてあげて、愛犬を楽にしてあげてくださいね。

 

【続けて読みたい参考記事】→ トイプードルが下痢するのはどんなとき?原因や対処法は?

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。