toypooshilver

1.トイプードルのてんかん時の対処について

1-1.てんかんについて

てんかんはトイプードルだけがなるものではなく、人間にも発症することがある病気です。記録ではソクラテスやユリウス・カエサルが発病したという記録もあります。それは隅に置いておいて人も発症するものであり、症状的にはあまり良くありませんので注意が必要です。

1-2.トイプードルの痙攣はてんかんが原因なのか

てんかんは確かに痙攣による症状があります。しかし、必ずてんかんであるとは限りません。痙攣くらいなら他の病気でも出すことがありますので一概にてんかんとは言えません。しかし、発生率1%になっているので比較的高い確率でてんかんである場合があります。また、トイプードルはてんかんになりやすい犬種です。ですから、獣医に相談をするようにしてください。てんかんはそれ自体では死ぬことまではないのですが、実はてんかんが出る原因で死ぬ場合があります。また、てんかんの症状によってはある問題が死に繋がることがあります。故に、一度獣医に相談をするようにしてください。特にてんかんの症状が数十分も続くようなら注意しましょう。2~3分に治まればそこまで症状は重くないですが注意は必要です。

てんかんで死亡する場合は、脳疾患により死亡することがあります。実際脳が問題でおかしな行動を起こしていることがあり、非常に良くない場合がありますので、てんかんの症状が出てくる時はその点に注意するようにしましょう。それと、てんかんの症状で嘔吐や泡を出すことがあります。それが原因で窒息死となることがありますので注意しましょう。てんかんが出た場合は解消していったほうが良いでしょう。

1-3.てんかんの対策について

てんかんが発生する原因が幾つかあります。脳疾患などで発症する場合もあれば、生活のストレスなどでも発症ことがあります。また、ドッグフードでも発症することがありますので注意です。どのようなてんかんでも原因に基づきそれに合わせた対策をしないといけません。例えば病気の場合は、脳疾患が問題の場合は症状に適した薬を飲ませないといけません。そして解消する必要があります。ストレスの場合は環境を良くしたり、ストレス解消の場を用意したりして対処できます。また、先天性の場合もまた特別な対処を必要とします。

しかし、問題なのがてんかんでも何が原因かわからない場合です。

その場合も特別なてんかんようの薬剤を使用することになりますので、獣医に相談をして使っていくようにしましょう。必ず治るとは現状言えませんが、それでも適切な処置により回復することがありますので、適切な処置をしましょう。ちなみに、症状がそこまで重くないならある程度したら治ってしまうということもあります。しかし、油断はしないようにしてください。対処のやり方を間違えて死に至るということが無いように犬の状態をみてしっかりと判断するようにしてください。判断次第でどのようになるかが変わっていきます。

【関連記事】→ トイプードルが下痢するのはどんなとき?原因や対処法は?

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。