1、犬が嘔吐したけど元気がある場合ってどんな要因?

1−1、犬の嘔吐で考えられる原因

まず犬は吐いた場合は「嘔吐」と「吐きもどし」があります。
「嘔吐」は半分以上消化されたものが出てきて、犬は当然吐き出したものを食べません。
「吐きもどし」というのは、犬は本来喉を通ると直感で思ったサイズになると丸呑みを行います。けれでも、思った以上に引っかかったりした時に吐きもどしを行う動物です。これは引き戻したものを再度食べます。

吐きもどしは病気でもなく犬の本来の姿ですのであまり頻繁に起こらない限りは心配しなくてもいいでしょう。
嘔吐の場合はさまざまな要因が考えられます。

(1)嘔吐が一過性で日常生活では元気がある。
・食べ過ぎ
・空腹
・ストレス(恐怖や不安を感じた時)
・乗り物酔い
・消化不良

(2)嘔吐が続くが元気がある。
・食物アレルギー

(3)嘔吐が続き元気がない。
・食中毒
・病気(腸炎や肝疾患、腎不全など)

このような原因が考えられます。

この中で(3)はすぐにでも病院に行かなくてはいけません。
そして(2)ですが、食後に嘔吐したり体を痒がるなら食モルアレルギーが考えられるのでアレルギー検査をするか、今あげているフードを変える必要があります。今まで問題のなかった食材でも突然アレルギーになってしまう事もあります。

(1)の場合は特に病気という訳ではないのですぐ病院に行く必要はないと思います。
おうちで下記に紹介する改善策を行ったうえで様子をみましょう。

1−2、改善策

・食べ過ぎの場合
 犬は本来出された食事を全部食べる習性があります。満腹を超えて食べるケースもあるほどです。その場合、嘔吐する事もありますので、食事の量を減らしてみましょう。

・空腹の場合
 食事と食事の時間が空くほど空腹により胃液や胆汁液を吐く場合があります。胃液は白い泡のような液体で、黄色い泡のような液体は胆汁液です。空腹が続くと胆汁液が胃を逆流して嘔吐します。特に夜のご飯から朝のご飯の間は時間が空いてしまいがちなので夜ご飯を遅めにするか、早目にあげてもう少し遅い時間になにかオヤツか何かをあげるのもいいでしょう。

・ストレス(恐怖や不安を感じた時)
 環境が変わってお留守番が増えたり、普段いる飼い主さんの帰宅時間が遅かったり、とても怖い思い(音など)をした時に嘔吐する事があります。ストレス原因が排除されれば問題ありません。

・乗り物酔い
これは体質でしかたないと思いますが、車などの乗り物酔いをする犬もいます。乗り物酔いは慣れで治るケースもあれば全く治らないケースもあります。その場合、乗り物に乗せる3時間ほどまえからお水もご飯もあげないようにしましょう。

・消化不良
 食べ過ぎだったり普段あげているご飯と違うものをあげた時、そして同じご飯でも胃腸が疲れていて消化が追い付かず消化不良を起こしてしまいます。この場合はご飯の量を少し減らし、消化のいいものを与え消化を促しましょう。

嘔吐しても元気がある場合はおうちで様子をみて問題はありませんが、改善策を行ってもよくならない、下痢が続くなどの場合は病院で検査をする事をお勧めします。

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。