1.夏にごはんを食べないのは病気なのか

「犬は喜び庭駆け回り・・・」と歌にあるように、犬は寒さに強く、反対に暑さには弱い生き物です。私たち人間は汗をかくことで体温調節しますが、汗腺のない犬の場合は舌を出してハーハーと荒い呼吸をし、よだれを流すことで水分を蒸発させ、体温を下げるのです。また、夏になると犬だって食欲が低下し、普段のご飯をあまり食べなくなるようになります。そこに加えてよだれをダラダラ垂らしている姿を見たら、「これって何かの病気?」と驚いてしまうかもしれません。ですが、そうした場合のほとんどが夏バテによるものが多いのです。飼い主さんは、愛犬の夏バテ対策をしっかりしてあげなければなりませんし、予防についても考える必要があると言えるのです。

1-1.犬の夏バテには要注意。しっかり対策を

犬の夏バテの症状は、人間のそれとほとんど同じです。食欲不振、嘔吐や下痢、倦怠感、いつもと比べて活気がないなどが挙げられます。犬は私たち人間のように言葉を話すことができないので、飼い主さんが夏バテの症状にいち早く気付いてあげることが大切なのです。
対策としては、常に新鮮な水を用意してあげるようにしましょう。多少食欲が落ちてもさほど心配する必要はありませんが、ドッグフードがすすまなくなったら、鶏のささ身やレバーなどをトッピングしてあげるなどの工夫をしてあげてください。

(【参考記事】→ 犬に鶏肉を与える際の注意点は?アレルギーや摂取量はどうか?

 

 

1-2.予防もしておこう

また、日中の最も気温が上がっている時間帯を避け、早朝や日が暮れてからの気温が下がってきた頃に散歩に連れていってあげるようにしましょう。アスファルトの照り返しにも気をつけなければならないということを覚えておいてください。
また、屋外で飼育している場合はさらに熱中症にも気をつけてあげなくてはいけません。熱中症で命を落とす犬は少なくありませんから、日よけとなる場所をしっかり確保し、常に水を絶やさないように心がけてください。

酷くなると、意識消失して倒れてしまい、最悪の場合命を落としてしまうというケースもありますから、そうなる前にきちんと予防対策を考えてあげなければならないのです。

1-3.まとめ・・・

このように、夏バテは病気ではありませんが、放っておくと命を落としてしまう場合もあるのです。飼い主さんは夏の暑さから愛犬を守るための対策に努め、食がすすまない愛犬の栄養に関してもきちんと考えてあげる必要があるのだということをしっかり理解していなければなりません。
また、室内飼育だから大丈夫だと甘く考えないようにしましょう。室内にいたとしても夏バテや熱中症の危険はあるのですから、犬の異変にすばやく気付き、対応出来るようにしてください。
犬は被毛というセーターを着込んでいるようなものです。汗をかかない為、実際にどのくらい暑がっているのかというところが分かりづらくもあります。だからこそしっかり夏バテ対策をして頂きたいですし、万が一に備えてかかりつけの動物病院とすぐに連絡が取れるようにしておきましょう。

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。