1.愛犬がストルバイトになってしまった時の食事

愛犬がストルバイト結石と診断されてしまったらどうしますか?これまでの生活習慣や食事スタイルを変えていく必要があります。ここでは、そんなストルバイトと診断されたワンちゃんにおすすめの食事についてお伝えしていきます。

1-1.ストルバイトのための食事

ストルバイトになってしまったらタンパク質やリン、マグネシウムを制限する必要があります。
体の中で不要なカルシウムやマグネシウムなどのミネラルを排出することが出来ずに膀胱に溜まっていき結晶化、そして結石になっていきます。
病院ではストルバイト結石症の子向けの処方食を勧められるはずです。ただ処方食はあまり犬の健康面ではいいとは言えません。
極端にタンパク質、リン、マグネシウムを制限しているので、トウモロコシなどが主原料の場合があります。そしてナトリウムが多めに添加されているのです。
トウモロコシや大麦、小麦などの穀物をメインにして肉類はほんの少ししか入っておらず、多めの塩分によって水分の摂取を促すように作られているものが多いのです。これは結石症には問題ないのかもしれませんが、本来肉類のタンパク質を必要としている犬にとってはあまり良くありません。そして塩分が多いことによって腎臓に負担も多くかかります。
人工の酸化防止剤を使っている処方食もあります。
どうしても食事が合わない場合は手作りフードにしたり生活環境を変える事でもストルバイトのケアは出来ます。

【関連記事】

添加物が気になる時はドッグフードより手作り食?手作り食の良い点・悪い点は?

 

 

 

1-2.ストルバイトケアの生活改善

まずはストルバイトの子に一番大事な事は水分摂取を増やし、トイレの回数を増やしてあげる事です。
膀胱内に尿が溜まっている時間が長ければ長いほど結晶化したミネラルが石へと変わってしまうのです。
普段からお水をあまり飲まない子は、運動量を増やしてあげてお水を飲む機会を作ったり、鶏のゆで汁を薄めて飲ませたりと、とにかく水分を多く取らせてあげて下さい。
そしてトイレの回数を増やしてあげる事が必要です。室内のトイレは常に綺麗にしてあげて、外でしかしない子には必ず我慢する時間が長くならないように散歩に連れ出してあげて下さい。
そしてオヤツも控える必要があります。オヤツにはリンやマグネシウムなどが意外と多く含まれています。
この水分摂取の増量、トイレの回数の増加、オヤツを減らす、これらだけでもだいぶ症状は変わります。
ストルバイトの処方食がどうしても嫌で、これらを徹底しただけでフードは変えなくても改善されたケースもあります。ただ定期的な尿検査で常に体調管理は必要です。

1-3.まとめ

一度ストルバイト症になってしまうと、一度は改善されても再び再発しやすくなってしまいます。常に日ごろから愛犬の食生活に気を付け獣医さんと相談しながら、そして人に言われたままを受け入れるのではなく、飼い主さんが納得できる食事にしてあげて下さいね。

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。