1.子犬の生食はおすすめ食材だった!?

1-1.子犬に生肉をあげる時は

もし子犬に生肉をあげるなら、出来るだけ早い時期からあげていると身体にも負担がなく摂取することが出来ます。理想は離乳食の時です。生肉は消化がいいので、離乳食であげると子犬に負担なくいい栄養を摂取することが出来ます。もしもう少し栄養をプラスすならば、生肉に犬用ミルクを最初は混ぜてあげます。こうすることで生肉に抵抗なく食べることが出来るようになります。余談ですが、イギリスの盲導犬を育てている方のお宅では、生肉から始めるそうです

なので、「うちの子に生肉をあげてもいいのかな」と疑問に思う飼い主さんもいますが、犬の身体は生肉を消化する力をしっかりもっていますので、安心してあげてください。ですが、生肉を食べたことがない子はお腹がびっくりしてしまうので、少しづつ始めるようにしてください。産まれた時に生肉をあげていて、一旦ドライフードにした場合は、お腹がドライフードに慣れてしまっているので、「パピーの頃に食べていたから大丈夫」と一気に生肉をあげると、もどしてしまったり下痢をしたりするので、前に生肉をあげていた場合でもドライフードにしたことのある場合はゆっくり様子をみながら調整していくようにしましょう。

1-2.どんな風にあげていけばいいの?

離乳食を始めて数日経ってから、だんだんとふやかしたドッグフードを犬用ミルク、そして生肉混ぜてあげましょう。そうするとフードと生肉のどちらにも身体が慣れてくれるので、成長していくにつれてフードか生肉のどちらにしようと悩んだ時にスムーズに切り替えが出来るようになってきます。

1-3.デメリットはないの?

子犬の頃から生食が大丈夫なのは分かったけど、本当に大丈夫なの?デメリットはないの?と心配な飼い主さんもいますよね。もちろん、生肉の栄養素は酵素も摂れるのでとてもいいのは間違いありません。ですが、子犬の場合、生肉だけでは必要な栄養素が不足する場合もあります。歯が生えてくるまでは生肉だけ、それ以降はドッグフードと半分ずつといったように、成犬になるまでは子犬用のドッグフードと生肉を半分ずつあげるようにしてあげるとよい成長に繋がります。あと、中にはどんなに工夫して生肉をあげていても体調を壊してしまう子犬もいます。下痢が止まらなくなったり食いつきが悪かったり・・・。このような場合は無理をせずに生肉をやめてドッグフードに変えてあげましょう。

そして、飼い主さんが生肉を保管するのが大変というデメリットがあります。まとめ買いは出来ないですし、新鮮な物をあげる必要があります。この部分は苦労してしまう部分かもしれません。

1-4.まとめ

子犬に生肉をあげるとメリットがたくさんあることがお分かり頂けたと思います。いい食材ですが、あげ方を間違うとデメリットの方が目立ってしまうことになってしまうので、体調やうんちの様子を見ながらおいしいご飯の時間を作ってあげましょう。

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。