1. 仔犬の下痢はよくあること?

1-1. 仔犬が下痢をしてしまったら。

仔犬のお腹の調子が良くない、下痢をするというのは珍しいことではありません。
仔犬は成犬に比べてまだ胃腸の働きが発達していないため、変化やストレスが原因で下痢や嘔吐をすることが多くなります。「変化」というのは住環境や食事内容の変化です。仔犬はとてもかわいいので、飼い主さんはついかまいすぎたり過保護になってしまいがちです。かまいたい気持ちをぐっと抑えて、仔犬が落ち着いて寝られる環境を作ってあげてください。

また、与えるドッグフードが原因で下痢になることがあります。ブリーダーさんやペットショップから迎え入れた仔犬の場合は、今までの食事内容についてお話を伺ってください。できれば1か月ほどは、これまでと同じものを同じ方法(時間帯や回数)で与えてあげるのが良いでしょう。与える量も大事です。ドッグフードの量が多いと消化不良を起こして下痢をします。下痢をした場合は、フードの量を減らして様子を見てください。下痢をする仔犬の多くはドッグフードの与えすぎが原因です。ドッグフードのパッケージに記載されている給餌量どおりにする必要はありません。体つき・運動量・便の状態を日々よく観察して、愛犬に合った量や回数を与えてあげましょう。
なお、冷たい水や水分の摂りすぎも下痢をする原因になりますので、注意が必要です。

その他の仔犬の下痢の原因

【寄生虫や原虫による下痢】

寄生虫の検査や先天的な病気などの検査をされているブリーダーさんやペットショップがほとんどだと思いますので、大きな心配は必要ありません。寄生虫が原因の場合は刺激臭のある便をすることが多いです。他には、下痢をしては治るを繰り返す・過食気味・お腹だけが異常に膨らんでいるといった症状もあります。これらの症状がある場合、寄生虫による下痢の可能性が高いと思ってください。この場合は早急に受診する必要があります。

【ウイルス感染による下痢】

生後一定の期間が過ぎた仔犬に行われるワクチン接種ですが、このワクチン接種により下痢を起こしてしまうことがあります。摂取後に下痢・発熱・嘔吐など異常が現れたら、早急に受診してください。

判断の目安としては、
様子を見ても良い場合

  • 下痢だけで嘔吐していない
  • 下痢したあと比較的元気(食欲がある)

嘔吐を伴う下痢やぐったりしているといった場合は危険です。早急に受診してください。下痢は体力を消耗してしまいますので、仔犬にとっては危険です。数日経っても下痢がおさまらないなど、判断が難しいと思われたらできるだけ早く受診されることをおすすめします。受診の際には、早い対処をしてもらえるよう便を少し取って病院に持参しましょう。とくに注意が必要な仔犬期は、日頃から愛犬の様子を記録する習慣をつけておくと受診の際の説明にも役立ちます。

もともと体質的に下痢をしやすい子がいます。また最近ではアレルギーを持つ犬が増えているとも言われています。
ドッグフードの原材料が原因になっていることもありますので、愛犬のお腹の調子が日頃から良くない場合は、アレルギー検査をされてみてはいかがでしょうか。

1-2. おわりに

元気な仔犬期を過ごすことが、その後のすこやかな成犬期・高齢期・老齢期につながっていきます。家族になった大切な愛犬に、健康で幸せな時間を与えてあげてください。仔犬期は免疫力が弱く病気が悪化しやすいため、病気にかからないよう注意してあげなくてはいけません。

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。