1.ポメラニアンの抜け毛について

1-1. 換毛期のブラッシングは特に念入りに

ポメラニアンといえば、ふわふわ、もこもことしたかわいらしい容姿が特徴的な人気の高い小型犬です。その被毛は「ダブルコート」と言われる二層構造で、上毛と下毛とに分かれています。普段はさほど抜け毛が気にならないポメラニアンですが、夏毛から冬毛、冬毛から夏毛へと生え変わる「換毛期」と言われる時期は抜け毛が非常に多くなりますから、この時期は特に入念にブラッシングしてあげましょう。ブラッシングを怠ると様々なトラブルにまで発展してしまう恐れがあります。毛が抜けること自体は病気ではありませんが、だからといって何のお手入れもしないで放っておくことは、どんな犬にとっても好ましくありません。飼い主さんは、定期的にきちんとお手入れしてあげてください。

1-2.日々のお手入れが大切に

ポメラニアンの場合、抜け毛が多くなる換毛期に何も手をかけないでいると、たいていは毛が絡まって毛玉になってしまいます。この状態を長く放っておくと通気性が悪くなり、ダニやノミ、皮膚病を起こす原因にもなってしまいますからくれぐれも注意してください。サマーカットにしてあげるのも良いですし、ドライヤーで軽く湿気を飛ばしてあげることも効果的です。毎日のブラッシングに加え、こうした工夫をしてあげることもおススメです。

気をつけて頂きたいのが、換毛期以外の異常な抜け毛です。抜け方がおかしかったり、ところどころ脱毛しているような場合は何らかの病気である可能性がありますから、早めにかかりつけの獣医師の診察を受けるようにしてください。こうした異変に早く気が付くためにも、日々のブラッシング、愛犬のケアというものは非常に重要なことなのだということを覚えておきましょう。

1-3.まとめ・・・

このように、ポメラニアンや室内飼育の犬たちはどうしても定期的に抜け毛がひどくなる時期がやってきます。「ああ、また毛が抜けて掃除が大変・・・」なんて感じることもあるでしょう。ですが、こうした愛犬の体を清潔に保ってあげることは飼い主さんの大切な役割のひとつ。犬は猫のように自分で毛づくろいをして体を綺麗にすることが出来ませんから、綺麗な体を保ち、美しい毛艶を維持するためにも日々のブラッシングは欠かせないのです。

定期的にトリミングサロンにつれていってあげるとすっきりしますから、自宅でのお手入れプラスαでこうした専門家の丁寧なケアを受けさせてあげることもいいでしょう。愛犬は大切な家族の一員です。人間と同じように、シャンプーやカット、ブラッシングをしてあげることで信頼関係もぐっと深まります。いつも綺麗で清潔な体を保つことは健康維持の近道でもありますから、犬の食事に気を使うのと同じくらい、抜け毛の手入れ、被毛のケアにも力をいれてほしいものです。

また、歳をとるにつれて毛艶がなくなり、毛並みも悪くなってしまいがちですから、日々のお手入れをする中で「うちの子も歳をとったな」と感じることにも繋がり、一緒に生きている実感が湧いてくるでしょう。

【関連記事】→ 食が細いポメラニアンの健康と病気対策のごはん選びは?

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。