chiwawa-yoykushateria

1. 犬の歯周病について

犬も私たち人間と同じように歯周病になります。実は三歳以上の犬の約八割が歯周病だとも言われているのです。そんな歯周病はきちんと定期的に歯磨き、歯石除去してあげることで予防することが出来ます。歯周病が重度になると抜歯しなければならないことになり、特に体の小さい小型犬にとって抜歯は負担が大きいですから、出来るだけそのような事態は避けたいもの。定期的に歯磨きや歯石除去してあげることで歯周病は防ぐことが出来ますから、飼い主さんがきちんとケアしてあげなけれならないのです。(【参考】【犬の歯の豆知識】犬の歯石除去の方法は何がおすすめ?

 

1-1. 歯周病にならないように口腔ケアをしっかりすることがポイント

口腔内には無数の細菌が存在しており、それらが唾液や食べカスと混ざり合って歯に付着したものを「歯石」といいます。この歯石が炎症を起こす原因となり、放置することで歯周病が発生します。歯周病が起こることによって歯肉や歯を支える組織が破壊され、重症化すると歯を失うことに繋がってしまうのです。

歯周病を早期に発見するためには、歯周病によって起こる症状について知っておく必要があります。具体的な症状としては、口臭、口腔内の不調による食欲の低下、鼻炎、顎骨折などが挙げられます。もしも愛犬に顔を近づけたりスキンシップしたりしているときに、なんだか最近口の中が臭いな・・・と感じたら、歯周病の可能性がありますから確認してみるようにしてください。

 

1-2.予防を始めよう

歯周病は、なんと言っても予防が大切。

普段から歯磨きガムやおもちゃをつかっての歯磨き、自宅で出来る歯石除去を行い、歯周病を予防することに努めましょう。小さいうちから口の中を見られたりいじられたりすることで、歯磨きや歯石除去に対する抵抗も少なくなりますから、遊びながら口周りを触ったり、口を開いたりして慣れさせるようにすると良いでしょう。
もしも歯周病のような可能性を感じたら、早めにかかりつけの獣医師に診察してもらうことも忘れずに。飼い主さんがしっかりケア、管理してあげるよう心がけてください。

1-3. まとめ・・・

以上、犬の歯周病についてお伝えしてきましたがいかがでしたでしょうか?歯周病は放っておくことで「下顎骨折(あごの骨折)」につながることもあり、とくに小型犬であれば“チワワ”“ヨークシャーテリア”“トイプードル”などがその症状を起こしやすい犬種ともいわれています。歯周病トラブルはワンちゃんに苦痛を味あわせてしまうことが多様にあるので、普段からの飼い主さんの予防ケアが非常に大切になってくるわけです。

上述したように定期的な歯磨きや歯石除去のケア、歯磨きガムの活用など、飼い主さんがワンちゃんにしてあげることが出来るものはたくさんあります。大事になってからでは遅いのです。普段からこまめにケアをしてあげれるよう、歯の手入れにはより一層にこだわってあげて下さい。結果として、それが飼い主さんとワンちゃんの生活を守ることにつながってくるのですから。

【関連記事】→ 犬の健康を考えた食事で大切なたった1つのポイントとは?

 

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。