1. 老犬が下痢をしたら食事はどうしたらいい?

rouken_geri

1-1. 老犬には普段から消化の良いものを与えましょう。

犬の下痢は、よく見られる体調不良の症状のひとつです。しかし老犬となると話が変わってきます。老犬の下痢は体力の消耗が大きく回復するのにも時間がかかるため、深刻な問題です。老犬になると体の機能が低下して胃腸の機能が弱まりますので、消化が苦手になります。栄養を摂るために大事な食事ですが、体に負担がかかってしまうことも確かです。年齢とともに食事内容を工夫してあげる必要があります。老犬に合った「与えるもの・与え方」を考えてあげましょう。

普段からできること

【品質の良いドッグフード・ライフステージに合ったドッグフード(シニア犬用)・体質に合ったドッグフードを選ぶ】

低価格のドッグフードは安全性が疑わしくおすすめできません。酸化防止剤や保存料など添加物が使われていないドッグフードを選んであげてください。

【新鮮な水を与える】

外飼いの場合はとくに気をつけてあげてください。胃腸が弱い老犬のために、出来るだけこまめに入れ替えて新鮮な水を用意してあげましょう。

下痢になったら

【胃腸の機能が弱っているので、消化に良いものを与える】

繊維質が多く低脂肪の食事が向いています。手作りされる場合は、お粥またはおもゆ・ささみ(挽肉が◎)・湯がいたじゃがいも・さつまいも・かぼちゃ・キャベツなどが良いでしょう。

【一度に与えるのではなく3~4回に分けて少量ずつ与える】

消化のことを考えて調理をしても、一度に与えてしまうとやはり負担がかかってしまいます。少量ずつ食べさせてあげましょう。

「葛湯」が良いという話はご存知の方も多いのではないでしょうか。葛湯には大腸などの粘膜を保護する他、体を温めてくれる嬉しい効果があります。葛粉は混ぜ物や着色のない無添加のものをお選び下さいね。

1-2. おわりに

老犬の下痢は思ったよりも深刻だということを覚えておきましょう。下痢の症状の中には【誤飲】【食事からの下痢(傷んだものやアレルギーや中毒性のあるもなど、食べすぎ・食べなれない・食べてはいけないものを食べた)】【寄生虫感染・細菌感染・ウイルス感染による下痢】といった命にかかわる大きな病気が隠れていることがあります。嘔吐を伴う下痢の場合は危険です。早急に受診してください。

食事の管理だけで下痢が治ることはまずありません。症状はある程度良くなるかもしれませんが、病気を根本的に治せるわけではありません。嘔吐がなくても症状が続く場合など、判断が難しいと思われたらできるだけ早めに動物病院へ連れて行きましょう。

老犬だからと思わず、老犬だからこそ1日でも長く健やかに過ごせるよう、より一層大事にしてあげてください。

【参考:具体的な老犬のごはん参考例】 → 老犬用ドッグフードについて知りたい!いつから?おすすめは?

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。