1. 老犬の血便どうしたらいい?

1-1.老犬の血便の原因って?

老犬の様子は一日で急変することもあります。老犬の血便は思ったよりも深刻だということを覚えておきましょう。
愛犬のちょっとした変化にも早く気づいてあげられるよう、日ごろからよく観察する習慣をつけてください。
いざというとき落ち着いて対処できるように、原因・症状について知っておきましょう。

血便の主な原因と症状

【下痢をしている】

下痢で肛門周辺の皮膚がただれて傷ついて、便に血が付くことがあります。この場合はあまり心配する必要はありません。しかし、内臓から出血をしているなど深刻な状態も考えられます。肝臓病の他、便が通過する食道・胃・大腸などで出血が起きていれば血便として出てくる場合があります。ぐったりしているなど著しく全身状態が悪い場合は、早急に受診してください。

【便秘をしている】

腸の動きが悪くなると便秘になってしまうことがあります。腸内に長くとどまった便は硬くなり、排便の際肛門周辺が切れてしまい便に血が付くことがあります。わかりやすく言うと「痔」です。血の色は比較的鮮やかです。様子が安定しているようなら緊急ではありません。食事内容を見直して水分をしっかり摂るよう心がけてみてください。

【内臓から出血している】

腫瘍やポリープなどから出血していることがあります。また、誤飲をして飲み込んでしまったもので内臓が傷ついて出血していることもあります。便の外側に鮮血が見られる場合は、肛門に近い「大腸の後半から肛門までの間」からの出血。便の外側・内側に鮮血が見られるなら、小腸・大腸前半部分からの出血が考えられます。またネバネバした黒っぽい便(タール状便)の場合は「口腔内・キ管・肺・胃潰瘍や胃がん」からの出血など、さらに深刻で緊急を要する可能性があります。出血が多い場合はできるだけ早めに受診してください。

【肛門腺付近から出血している】

愛犬の肛門腺絞りをしていますか?お尻を床に擦り付けるような仕草をしていませんか?分泌物が溜まったままだと、まれに腐敗して化膿してしまうことがあります。肛門腺絞りが難しいと思われたら、動物病院やペットショップへお願いしましょう。

【感染病・寄生虫がいる】

犬が集まるような場所は、感染病の危険性が高くなります。お出掛けやお散歩の際は注意しなくてはいけません。寄生虫に腸壁を傷つけられてしまい、血便が出ることがあります。その場合、便に混じって短く切れた寄生虫が出てくることがあります。鮮血の血便が続いたり嘔吐を伴っているときは、命にかかわる病気にかかっている可能性があります。震えや高熱(39.5℃前後より高い状況が続く)といった症状が出ることもあります。
愛犬の様子を見て、できるだけ早く受診してください。

【生理中(女の子)】

避妊手術をしていない場合、高齢の犬でも生理は来ます。 年齢とともに出血の量は少なくなりますが、半年に1回程度の周期で1週間から10日ほど続きます。その血液が便につくことがあります。血の色は少し茶色っぽいです。

下痢の血便は要注意!

「寄生虫感染・細菌感染・ウイルス感染による下痢」「内臓からの出血」の可能性が考えられます。下痢の血便の場合は深刻な状態であることが多いです。出血の多い少ないに限らず、早急に受診してください。

1-2. おわりに

血便の原因にはさまざまな理由が考えられますが、老犬の血便は思ったよりも深刻な場合が多いです。ご自身で判断をされず、受診されることをおすすめします。受診の際には、早い対処をしてもらえるよう血便を少し取って病院に持参しましょう。

愛犬が苦しんでいる姿を見るのはとてもつらいですよね。犬も不安です。一緒にいられるときはできるだけそばにいてあげてください。優しく話しかけて体を撫でてあげてください。愛犬のことをよく知っている、かかりつけのお医者様に診ていただくと安心ですね。

成犬の頃と違い、老犬になると治療や投与できる薬が限られてきます。愛犬のちょっとした変化にも早く気づいてあげられるよう、日ごろからよく観察してください。

今日まで一緒に過ごしてきた愛犬です。健やかな毎日が長く続くよう、より一層大事にしてあげてください。

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。