1.てんかんがある犬のフードについて

1-1.てんかんのある犬は脳へのエネルギー補給が大事

てんかんとは、脳の病気です。脳がエネルギー不足に陥ると正常に機能しなくなり、発作やひきつけなどを起こしてしまいます。このようにてんかんがある犬のフードを選ぶ際、「糖質」、「脂質」、「マグネシウム」の三種が必要となってきますから、しっかり補えるようなフードを選ばなければなりません。おすすめなのは、一般的なドッグフードに一品加える形で糖質や脂質などを補うようにすることが望ましいといえるでしょう。

糖質の足りない食事は、脳へ負荷をかけてしまう原因ともなってしまいます。ですから、糖を含んだサツマイモなどをトッピングしてあげたり、おやつとして食べさせてあげるのもよい方法です。また、DHAやEPAなどの脂肪酸を摂取することで脂質を補うことも重要です。オメガ3やフィッシュオイルは使いやすく、無理なく摂取させることが出来るのでおすすめです。さらに、海草や魚に含まれているマグネシウム、ミネラルもすすんで食べさせて欲しいところ。飼い主さんの工夫が必要になってきますから、どんな与え方がご自宅のわんちゃんに合っているのか色々試してみましょう。

このように、食事面でほんの少し気をつけてあげることで、てんかんの発作を防ぐことは十分可能ですし、健康管理、健康維持の為にも食事の質をあげてあげることはとても重要なことですから、様子をみながら少しずつ試してみてください。

1-2.特別視せずに取り組む

てんかんのある犬の食事の与え方について、特別難しいことはないことが分かりましたね。普段のドッグフードを選ぶ際も、このような知識を活用しながらより上質なドッグフードを選択出来るようにして頂きたいですし、トッピングやご飯を手作りする際にも「いかに脳へのエネルギー補給ができるか」というポイントをおさえながら作るように心がけていってほしいと思います。(【参考】→ 小型犬におすすめ!病気や健康を考えたドッグフードランキング)
また、てんかんのある犬にとって大切なのは、「ストレスの少ない生活を送らせてあげること」です。ご自宅のわんちゃんにとってどんなことがストレスに繋がるのか、を理解してあげることは非常に重要なこと。十分な散歩やスキンシップ、愛情を持って関わってあげることが何よりも薬になるのです。そして、てんかんだからといってあまり特別視しないこと。色々なことを制限することは逆に犬に負担をかけてしまいますし、「健康的な生活」とはかけ離れていってしまいます。

1-3.まとめ・・・

てんかんを持ちながらでも十分に長生きすることは出来ますし、飼い主さんが普段から犬の状態をしっかり把握していてあげることで、その子の命を脅かすような事態を防ぐことが出来るのです。てんかんに関する基本的な知識と少しの工夫、たっぷりの愛情を注いであげること。それが一番大切なことですし、飼い主としてあるべき姿だとも言えるでしょう。常に犬の健康を守る為の努力を惜しまないこと、そして、その子にとっての幸せを考えてあげることが求められるのです。

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。