1、皮膚の炎症などの症状が現れるアレルギーがあるワンちゃんに向いているドッグフードは?

アレルギーを持つワンちゃんでも飼い主が、安心して食べさせることができるドッグフードとしてはナチュラルドッグフードがあります。動物愛護の先進国の1つであるイギリスで製造される全ての犬種で使用ができるドッグフードで、栄養の吸収率が極めて高いドッグフードです。生後7か月から食べさせる事ができ、小粒なのでチワワなどの超小型犬でも食べやすいドッグフードです。

 

1-1、ナチュラルドッグフードってどんな内容?

人工添加物や肉の副産物、保存料などの犬の体によくないものが一切入ってなく、長く食べる事ができるものだけを厳選して製造されています。また、アレルギーの原因となる事が多い食品である小麦、大豆、乳製品、トウモロコシ、牛肉、豚肉を使用していないのでアレルギーのあるワンちゃんでも安心して食べさせる事ができます。
食べ物が食べることで症状が現れるアレルギーは、痒みや皮膚の炎症などがあります。初めは、痒みが出ることから犬自身が体を書くことでその場所の皮膚が炎症を起こします。

1-2、ヒューマングレードで安心

アレルギーの原因とはなりにくいラム肉を人でも食べる事ができる品質であるヒューマン・グレートのものを使用し、ドッグフードの55%以上が含まれています。また、製造される工場は国際規格であるSAI GLOBALのランクAを取得していて、イギリスの州議会とイギリスの小売協会にも認められた工場で厳しい品質管理の基に製造されているドッグフードなので、飼い主としても安心して食べさせる事ができます。

 

1-3、消化の良さもポイント!

ナチュラルドッグフードは非常に消化が良く、必要な栄養価も含まれているので、多く食べさせる必要がないので、コスト面から見てもおススメです。ナチュラルフードに含まれる食品は、生ラム肉、玄米、全粒オーツ麦、ベジタブル・ハーブミックス、全粒大麦、テンサイ、亜麻仁、ビール酵母、海藻、ラム精製油で全部で10種類と他のドッグフードに比べると少なく、無駄なものが入っていないことが分かります。ナチュラルドッグフードは、自然給餌という考えを基本に製造されています。自然給餌はイギリスで提唱されている考え方です。

 

1-4、まとめ

全ての犬種は、同じ1つの祖先から基本いぇきな生理機能を受けついていて、どんなに犬種改良されてもその遺伝子は脈々と受け継がれています。犬が犬らしく活動する為には、祖先が食べていたものを反映させた食事をしなければいけないというのが自然給餌の考え方です。犬は人とは違い、肉食動物です。なので、野菜などを消化・吸収する体の構造はしてはいませんが、草食動物を食べる事でその中にある植物の栄養も一緒に摂取していました。これは、現在でも適用される劇原則であると考えられ、これに添わない食事を与える事は健康リスクにつながると考えられています。犬が本来必要とする者だけをバランスよく含まれた食事を食べさせる事は、健康トラブルや健康リスクを減らし、免疫力を高めます。

 

アレルギーを持つワンちゃんにはいいナチュラルドッグフードですが、ラム肉には全ての犬でアレルギーが出ないかというと違います。可能性は低いですが、アレルギー症状が出る可能性があります。もともと別のドッグフードを食べさせている場合は、いきなり変更するのではなく、少しずつ1週間を目途に変更していきます。

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。