1.子犬の涙やけ対策に有効なおすすめのドッグフード

koinu1

 

涙やけ対策に有効なのは子犬の時期は「なるべく身体にやさしいドッグフード」を食べ与えてあげることが大切です。子犬の時期から形成される骨や筋肉はちゃんとした栄養源から補給してあげないと涙やけなどの病気に掛かりやすい成犬に育ってしまうからです。また、添加物が多用されたドッグフードは老廃物が涙管に溜まりやすくなるので涙やけのリスクを高めることになります。身体にやさしいドッグフードを選べば犬本来が持ち合わせている強い免疫力が戻るので涙やけの子犬もすぐに改善することができますよ。

 

そこで、ここでは子犬の身体にやさしいおすすめのドッグフードの条件についてご紹介します。

 

1-1.「子犬専用」のドッグフードはおすすめなの?

最近では子犬専用のドッグフードが各メーカーからたくさん販売されていますが、果たして「=(イコール)おすすめ」と言えるのでしょうか?中には子犬専用のドッグフードにしては高級感が漂うパッケージで販売されている製品もありとても魅力的に感じることもあると思います。さらに、栄養哲学による適切な原材料を使用していることで、健康的に育つし消化も良い、という謳い(うたい)文句も良さそうに映ります。ですが、そういったおすすめのドッグフードのほとんどが品質の悪いお肉や消化に良くない穀物がたくさん含まれていることが多いんですね。

 

特にお肉。「家畜類、そのほか」など、曖昧な表現がされているドッグフードはおすすめできません。というのも、そういった曖昧な表現がされているドッグフードは人が食べられないような部位を含んでいる可能性があるからです。原材料の表記を見ればすぐにバレるのになぜここまで自信を持っておすすめと言えるのか?とても疑問です。なので、子犬専用のドッグフードを見て魅力的に感じたとしても、原材料の表記はしっかり確認するようにしてくださいね。

 

1-2.子犬に最適なドッグフードの3つの条件

もちろん、子犬専用のドッグフードの全てが悪いとは思いませんが、私の知る限りではほぼ全てが粗悪なものばかりであることが多いです。ですので、子犬用のドッグフードを選ぶ際は下記にまとめた「子犬向けに最適なドッグフードの3つの条件」を踏まえて選ぶことをおすすめします。

1,動物性たんぱく質を使用

お肉から摂取できる動物性たんぱく質は丈夫な身体づくりには欠かせない栄養源になります。原材料の表記については「家畜類」、「ミール」、「ほか」など曖昧な表現がされているドッグフードは選ばないようにしたほうがいいです。チキン、牛、ラムとかどんな種類のお肉を使っているのかがすぐに分かるドッグフードがおすすめです。

2,穀物不使用(トウモロコシ、米、小麦、大麦など)

穀物は犬が消化できる酵素をそもそも持っていないため栄養価値がありません。内容量やカロリー量の増加を狙ってのコスト削減目的として使われる原材料とされているので含まれていないのがベストです。

3,人工添加物を使用していない

人工的な添加物は涙管に老廃物を貯める要因となるので涙やけのリスクが高くなります。また、栄養素の吸収を妨げたり免疫力を下げる原因とされているため子犬の時期に摂るべきものではありません。

 

以上、これらの条件を満たしているのであれば、子犬用のドッグフードとして選択肢に入れておくのはおすすめです。

 

2.最後に。条件を満たすドッグフードの一例として。

子犬のからだにやさしい、最適なおすすめのドッグフードについてここまでご紹介しました。子犬向けだからといって惑わされず原材料表記をしっかり確認して最適なドッグフードを選んであげてください。なお、「【涙やけ対策】ドッグフードでおすすめならコレしかない!?」という記事でもお伝えしていますが、上記の3つの条件を満たしているドッグフードの例を挙げるのであれば、イギリス産の「カナガン」は子犬に最適な3つの条件を全てクリアしている全年齢対象のドッグフードなのでおすすめです。カナガンは栄養士の管理のもと、愛犬が栄養を摂取できる無添加の原材料だけを厳選しています。ヘルシーなチキンと野菜やハーブをバランス良く配合していて、穀物完全不使用のレシピを採用しているので消化が未熟な子犬でも必要な栄養素をしっかり補給することができます。正に子犬に最適なおすすめのドッグフードと言えるので、ごはん選びでお悩みの際は、ぜひお試しになってください。

 

【参考サイト】→『カナガン』公式サイト

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。