1、涙やけ対策におすすめドッグフード選び

namidayaketaisakugohan

1-1、涙管が詰まりづらいおすすめドッグフード

涙やけが起こるという事は、涙管が詰まる事で涙が目の下に流れてしまっている事が関係しています。この涙やけの症状が起こりやすいドッグフードは、添加物が多く含まれている物を与え過ぎてしまうと、涙やけが起こりやすくなってしまいます。無添加のドッグフードも販売されていますが、こういった無添加の商品には保存料や香料、着色料などの添加物が使われていません。そのために、涙管を詰まらせてしまうという心配が比較的少なくなるのです。(【参考記事】無添加ドッグフードで涙やけ対策もできるおすすめフードとは?

 

もちろん、無添加のドッグフードは涙やけに限らず、消化が良くなるなど健康面に様々なメリットがあるので、もし涙やけに困っている場合には無添加のドッグフードを選ぶのもおすすめの対策の一つと言えます。

 

涙やけ対策に良いドッグフード

涙やけなどの症状を起こさない事、そして犬の健康そのものに良いドッグフードを与える方が、犬のトラブルが起こりづらく良いです。例としてカナガンというドッグフードは、無添加で作られている事や、穀物が入っていない事により、犬がアレルギーを起こしづらいという特徴があります。原材料はどれも高品質なものを採用されているため、美味しさはもちろんですが、大切な愛犬に対して安心してご飯を与える事が出来ます。ドッグフードの選び方は何でも良いという事ではありません。その犬の体調、体格、相性など全てを考えて選ぶ必要があります。涙やけに困っている方は、高品質で人気のある商品を与えてみることも、選択肢の一つとして持っておくのをおすすめします。

 

無添加は他の病気のリスクも減らせる

安価なドックフードを作るためには人間の食品と同様、食品添加物が多く含まれる傾向にあります。どうしても、毎日与えるドックフードとなると、コストのことは無視できませんが、大切なワンちゃんが病気になってしまうのでは本末転倒です。人間と同様、ワンちゃんも無添加のドックフードの方が、当然様々な病気のリスクを減らすことができます。保存料には便秘や、食欲不振などが原因になることがあります。また人間同様、様々な病気になるリスクもあります。特に今までの餌が合わない、という場合には思いきって値段のことを考えず、無添加の餌を与える、ということも一つの方法でしょう。

 

無添加にも種類が多いので注意

現在、ドックフードでも無添加のものを選ぶ飼い主の方が少しづつ増えてきました。これは、大切なワンちゃんを守ろう、という飼い主の方の気持ちが強くなってきたからだと考えられます。ですが、せっかくワンちゃんに無添加のドックフードを与えるとしても、カロリーが高いものを与えてしまっては本末転倒になることがあります。このあたりは与える無添加の餌であっても、どの程度、涙やけの原因になりやすいたんぱく質が入っているのか、ということをチェックされておくと良いでしょう。また、無添加の餌だからといって、涙やけが治らないこともありますので、その場合、餌が合っていないだけではない可能性もあります。体調不良などが原因にならないのか、その点も注意して確認するようにしてください。

【参考記事】 → 初めての無添加ドッグフード。選び方と重要性をまとめました。

 

1-2、まとめ

以上、涙やけ対策におすすめのドッグフード選びについてお伝えしてきましたがいかがでしたでしょうか?こちらでお伝えしたように、添加物が涙やけに影響を与えているのは明白で、無添加のドッグフードを選ばれる人も増えてきております。ワンちゃんのカラダに無理な負担をかけることのないフード選びを、飼い主さんとしても心がけていただき、ワンちゃんと長く、健康的な生活を過ごしていけるように、ケアを意識してあげてくださいね。

 

【参考:この記事でも紹介した涙やけ対策フードの詳細はこちらの記事】

無添加ドッグフードで涙やけ対策もできるおすすめフードとは?

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。