1.犬の低血糖とはどのようなものか?

1-1.低血糖症の危険性

低血糖症は人でも多くの方にみられることのある「病」です。そのため、非常に有名な病気と言っても良いでしょう。特に症状が危険であり、症状の進行次第で私生活が出来ないレベルになり、最悪死に至るものです。そのような事態を回避するためにも、血糖値などを注意して生活をする必要があります。そして、この低血糖症は犬もまた発症することがありますので注意しましょう。

1-2.犬の低血糖症の症状と対策

犬の低血糖症の症状としては、ぐったりする、痙攣をおこす、下半身が動かなくなるなどの症状が出てきます。そして、症状が進行することで他の病気になりやすくなります。そのため、低血糖症状態は出来るだけ改善をした方が良いです。実際症状の進行具合にもよりますが、相当苦しむ場合があります。特に小型犬ですと下半身が動かなくなると自由に動けなくてとても辛いでしょう。散歩なども大変になりますので注意です。症状が進行するごとに死に近づくものでもありますので、よく考えて対処するようにしてください。

症状を和らげる方法としては、血糖値を正常に戻していくことです。その際に他の栄養バランスにも注意して与えるようにしましょう。そうしないと栄養バランスが崩れる危険性があり、他の病気になる場合がありますので血糖値だけを見るのではなく全体的に考えて行動をするようにしましょう。特に注意が必要なのが空腹時です。このタイミングが起こりやすいとされており、食べる量や回数が少ないならある程度量を与えたり、回数を増やしたりするようにしてください。もちろん、与え過ぎないように注意が必要です。

1-3.犬の成長別対策

犬ごとに対策方法が異なりますので、しっかりと考えて対策をするようにしてください。それでまず子犬の対策としては、基本的には寄生虫や病気、感染症などに注意をするようにしてください。子犬ですので免疫などがかなり低い場合がありますので、それらに注意するようにしてください。また、食事のバランス次第でも悪くなることがありますので注意です。

成犬となれば、空腹、興奮、過度な運動により糖分不足になることがありますので注意しましょう。さらに、ホルモンバランスが悪くなることでも発生することがありますので注意です。病気などを一緒に発症することもありますので、獣医に相談をするようにしてください。
老犬になると膵臓などの臓器に注意が必要です。インスリンの過剰生成が起こり必要以上に血糖を取り込んでしまうこともあり、本当に注意していなとすぐに大変危険な状態になりますので、何かしらの問題がある場合は獣医に相談をして対処しましょう。ただし、老犬だけにもう手遅れということもありますのである程度覚悟をしてください。

1-4.まとめ

基本的には早期発見が重要です。犬の状態が悪くなっているようならすぐに獣医に相談をするようにしてください。特に、低血糖症の症状が出てきたら相談をして確認をするようにしてください。そして、対策をしっかりとするようにしてください。

【関連記事】→ 犬の糖尿病の食事はどうすれば?体重が落ちてきた時の対策は?

 

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。