1.ジャックラッセルテリアの抜け毛対策について

1-1. 抜け毛対策はこまめなブラッシングから

ジャックラッセルテリアはイギリス生まれの小型犬です。愛らしい見た目をしていながらも活発で恐れ知らずな性格をしており、近年人気の高い犬種です。このジャックラッセルテリアは三種類の被毛のタイプがあり、それぞれの特徴をきちんと把握しながらこまめにブラッシングしてあげることで抜け毛のお手入れをしてあげなければなりません。その子の被毛タイプに合ったブラシを使うことで、抜け毛もスムーズに処理することが出来ますから使い分けてあげるようにしてください。

では、まずジャックラッセルテリアのそれぞれの被毛タイプについて知りましょう。

まずは「スムースコートタイプ」。これは一番被毛が短いタイプで、数ミリから一センチ程度で均一に生え揃っているのが特徴です。「ラフコートタイプ」は長毛で量が多く、モジャモジャしたような見た目をしています。三つ目の「ブロークンコートタイプ」はスムースとラフの中間タイプで、長毛、短毛混ざり合っています。その毛質も犬によって異なり、様々なタイプが存在しています。これらの中で最も毛が抜けやすいタイプは実は毛が短い「スムースコートタイプ」だといわれています。

このように、大きく分けて三つの被毛タイプがありますから、お手入れをする前にまずはご自分の愛犬がどのタイプなのかを知りましょう。短毛、長毛それぞれに適したブラシを使ってブラッシングすることで効率よく抜け毛をケアすることが出来ますから、ブラシを準備する際にはこうしたことも考慮してみてください。

犬の毛のお手入れは、こまめにしてあげることで毛艶が出てより美しくなりますし、怠ればそれだけ手入れがしづらくなってしまいます。定期的にブラッシングしてあげるように心がけてみてください。

(【参考記事】→ 犬が換毛期に。毛が抜けることでの健康や病気への影響は?

 

1-2. まとめ・・・

ジャックラッセルテリアに限らず、どんな犬でも日ごろからブラッシングしてあげることは犬とのスキンシップの一環にもなりますから、出来るだけこまめにしてあげるようにしましょう。飼い主さんが自ら愛犬の毛のお手入れをしてあげることで犬も喜びますし、普段気付かなかった皮膚の状態や耳の中まで観察するきっかけにもなります。異変があれば早期発見につながりますし、それはすなわち病気の早期治療にも関わってくるのです。
また、定期的にトリミングサロンに連れて行き、全身綺麗にしてもらうのも愛犬の清潔を保つには効果的ですし、犬特有の「匂い」の軽減にもなります。飼い主さんも愛犬も、共に気持ちよく毎日過ごせるように、こうした「お手入れ」は欠かせない大切なことなのだということを覚えておきましょう。ブラシたけではなく、シャンプーにもこだわってみるのも良いですね。犬の皮膚は意外と敏感ですから、低刺激のもの、オーガニック製品などを使ってシャンプーしてあげるのも良いでしょう。人間と同じく、犬だって綺麗な体でいたいものです。きちんと愛情をかけてケアしてあげてください。

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。