1、アレルギーリスクを回避するおすすめのドッグフードは?

 

are_img

 

愛犬がアレルギーの反応が現れると体中を痒がって全身皮膚が真っ赤になり散歩もままなりなくなります。アレルギーの原因は花粉、ハウスダスト、ダニによる空気中から発症することもありますが、主に発症する割合が多いのは食物アレルギーによるものです。動物病院で診てもらうのが一番確実なのかもしれませんが高いシャンプーやサプリメントを購入させられたという声も少数ですがあるので困りものです。

その厄介なアレルギーでお困りならペット先進国のイギリス産ドッグフード「カナガン」をぜひお試しになってみてください。カナガンはアレルゲンとなりやすい原料を一切使用しておらず、アレルギー対策に有効な免疫力アップも期待できるドッグフードとして多くの愛犬家さんから評判です。

さて、そんなアレルギーについてより詳しくお伝えしていきますね。

 

1-1、犬がアレルギーを引き起こしやすい原料について

アレルギーを発症させるアレルゲンとなりうる原料は肉類、穀物類、卵、添加物と多岐に渡るためドッグフードで全て避けるのは不可能に近いです。ですが、アレルギーをもっとも引き起こしやすい原料は穀物ということが分かっています。その中でも小麦が消化に最も苦労するためアレルギーを発症しやすい原料として知られています。

 

小麦を含むアレルギーを発症しやすい穀物は原料費が安くカロリーも高めなので市販の安いドッグフードのほとんどに含まれているのが現状です。なので袋に明記されている原材料表示は必ず確認するようにしてください。しかし、上述したカナガンにおいてはアレルギーを発症しやすい穀物を一切しようしていないので安全なドッグフードと言えます。

 

1-2、犬がアレルギーを引き起こすメカニズム

アレルギーを引き起こすメカニズムはすでに解明されており対策をしっかり取れば予防や改善へと繋がります。まず最初に知っておくべきポイントはアレルギーの抵抗力には犬の個体差によって容量が決まっているという点です。つまり、アレルゲンに最もなりえる小麦を食べたとしても容量を超えなければアレルギーは発症しないという事です。ですが、容量以上のアレルゲン原料を継続的に食べ続けるとアレルギーが発症することになり、それ以降は容量を超えた時点でその都度アレルギー反応が現れるようになってしまいます。

komugi

アレルギー反応が現れるようになったら該当するアレルゲンとなる原料を避けなければいつまで経っても治ることはありません。ですので、アレルギーを発症するリスクを回避するために必要なことは容量をオーバーしてしまうような栄養の偏ったドッグフードを選ばないようにすることです。また、栄養バランスの取れたドッグフードを食べ続ける事によって犬本来が持ち合わせる免疫力が回復してアレルギーに耐えられる体を取りもどすことができます。このアレルギーを引き起こすメカニズムを踏まえるとカナガンは栄養学に基づいた偏りのない必要な栄養のみを補給することができるのでアレルギーの予防と対策に非常に有効です。なお、1つだけデメリットを上げるなら主原料に鶏が使われている点です。すでに鶏アレルギー反応が見られるワンちゃんには合いませんが、そうでない場合はアレルギーを発症のリスクの低いカナガンをおすすめします。

【参考サイト】 → カナガン公式サイト

 

なお、カナガンについては「食べ物が原因で起こるアレルギーに対応できるアレルギー用ドッグフードとは?」という記事でも、より細かなカナガンとアレルギーとワンちゃんの関係についてお伝えしておりますので、よろしければそちらもご参考になさってくださいませ。また、すでにカナガンを試した方で満足のいく効果を得られていない方は「アレルギーがあっても食べれる低アレルギーのドッグフード」という記事で別のアレルギー対策でおすすめのドッグフードもお伝えしておりますので、よろしければそちらもご参考になさってくださいませ。

 

 

1-3、まとめ

ワンちゃんのアレルギーはワンちゃんごとの個体差によって有り・無しも違えば大小も異なります。だからこそ、厳密な判断、「●●だったら、絶対に●●だ!」といったことがいいにくいこともあります。そんな時に一番大切なのが普段のワンちゃんとのコミュニケーションです。「普段とちょっと違うな?「いつもよりも違和感があるな?」といったちょっとした気づきが、アレルギー対策に一役買ってくれることはよくある話、普段のワンちゃんと違う何かを感じたら、そこに解決のヒントが見つかることもあります。普段からのコミュニケーションもしっかりと行うことで、大切なワンちゃんの健康状態を守っていくように、飼い主さんとしては意識していきたいですね。

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。