1.犬のしこりに関係する病気

1-1.犬のしこりと病気の種類

犬にはしこりが見られる事が多いのですが、一概にしこりがあったからといってそれが悪性であると限った事ではありません。 良性腫瘍として知られるのが「脂肪腫」で、これは犬の中でも老犬に出来やすいタイプのしこりです。健康被害を与えるケースは少なく、外科手術を行う事で取り除く事が可能です。 また、しこりには悪性のものも中にはあります。その一つに「リンパ腫」があげられます。出来る部位としては下あご辺り、股の内側や膝の裏といった部分が多く、食欲の低下や元気の無さがみられやすくなります。 (【参考】→ 犬のリンパ種闘病中の食事選びで「大切なこと」とは?

 

また、進行すると運動をしなくなるほか、下痢、嘔吐、さらには体が痩せてくる症状もあります。治療の方法としては化学療法で抗ガン剤を投与する方法が一般的です。

 

1-2.犬のしこりと対策

犬のしこり対策としては、悪性腫瘍を防ぐためには日々飼い主がチェックしてあげる事が良いでしょう。リンパ腫の場合、出来る場所は股の内側や膝の裏、顎の下などがあげられるため、これらの部位を日々チェックしてあげると良いでしょう。 リンパ腫が進行しているかどうかによって身体への負担や治療に関する問題が異なってきます。当然、早期に治療出来た方が、回復を期待しやすくなります。 犬のしこりに関しては、これといった予防法が無いという事が多いです。そのために大切になるのが、しこりを見つけてからの対処です。脂肪腫は基本的に良性である事が多いですが、深刻である皮膚腫瘍の可能性も否定出来ません。 しこりを発見し、どのような種類の腫瘍なのか判断出来ない場合、真っ先に獣医に相談するようにしましょう。放置する事で、症状を進行させたり、治療を難しくしてしまう心配があります。

1-3.悪性の腫瘍は要注意

人間と同様、犬にも悪性の腫瘍がさまざまな部位でみられます。足などに見られる場合には骨肉腫の可能性があり、放置すると全身に転移して死に至ります。早期の発見であれば、現在は外科的に切除することも可能なので、もし見つかった場合には獣医さんに相談するようにしてください。また、内科の悪性の腫瘍は飼い主の方からはなかなか見分けることができません。部位にもよるのですが、犬で悪性腫瘍が多いのは腸の部分で肉食が中心になってしまうと、どうしても発生の確率が高くなります。ドッグフードを工夫する、腸への負荷を減らすようにえさの与え方を工夫する、などで発生の確率をある程度は低くすることは出来ると考えられていますが、どの犬にも一定のリスクがあります。

1-4.まとめ

内科的な悪性腫瘍は、手術によって除去するしかありません。人間同様、これらの悪性腫瘍は生活習慣に大きく影響しているため、ストレスがかかる環境におくことや、肥満、えさの偏りなどをなるべく減らすことによって、未然に防ぐようにすることが望ましいでしょう。また、早期発見によって治療が可能な場合もあるため、少しでもおかしいと感じた場合には、早めに獣医さんに相談するようにしてください。

【関連記事】→ 犬の足が腫れるのは病気?詳しい病状や原因、治療法について。

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。