1.犬の抜け毛

犬は抜け毛が多いものです。特にダブルコートの犬というのは抜け毛がとんでもなく多いのです。
「シングルコート」というのは主にアンダーコートが発達していて抜けないので、オーバーコートはほとんどない状態です。アンダーコートは抜けずに伸び続けるケースが多く、例外はありますが、トリミングが必要な犬種がこちらにあたりはまります。

「ダブルコート」というのは短毛種に多い毛質で、寒さから身を守るために発達している被毛です。秋にはアンダーコートが生えてきて寒さに供え、春にはアンダーコートは抜けて夏を乗り切れるように被毛を調整しているのです。このことからダブルコートの犬は換毛期には非常に多くの毛が抜けます。

これは、ブラッシングをしてもすぐに触ると毛が抜け、ダブルコートの犬を撫でたり、犬が歩いたり体を振ったりするだけで毛が舞います。初めてダブルコートの犬と一緒に生活するとその抜け毛にびっくりするくらいのものになります。
これは換毛期と言われる季節の変わり目に起こる現象ですが、最近では室内飼いの犬が増えて一年中快適に過ごせることから「換毛期」でなくても抜け毛が多くなるようになっているそうです。

1-1.犬の抜け毛と皮膚病

これらの抜け毛は自然に体から落ちますが、犬は毛が多いために他の毛に絡まったりして抜けているのに体から落ちない場合、毛根は死んでいるのに刺激がないために体にまとわっている場合などがあります。これらの死毛が体に多くついていると皮膚病になる可能性が高いのです。
本来なら抜けるはずの毛、死毛が体にまとわっていると皮膚病になる可能性があります。これは、これから暑くなる季節にむけて抜け毛が増えているのに毛が体にまとわりついているために、被毛内の換気が悪くなり蒸れるからです。人間と一緒で体が蒸れれば痒くなったり発疹が出来たりしてしまいます。そのために、皮膚病になりやすいのです。

1-2.換毛期における皮膚病の防ぎ方

部屋中が毛だらけにならないよう、抜け毛対策として洋服を着せるアドバイスもありますが、これは解決には至りません。ダブルコートの犬の抜け毛は自然の事であるからです。車の中やドッグカフェ、他人の家などで抜け毛しないように洋服を着せる事は問題ありませんが、家の中ではずっと洋服を着せたままというのはよくありません。毎日ブラッシングをしてあげて死毛をこまめに取り除いてあげましょう。ブラッシングを毎日しても部屋が毛だらけになるのは残念ながら仕方ありません。
どうしても抜け毛が気になるようなら、愛犬の立ち入り禁止の部屋を作り、毛がついてはいけないものを隔離する事も重要です。

1-3.まとめ

犬の抜け毛は非常に気になると思います。ただ、犬の健康にとっては抜けるべき毛はちゃんと抜けたほうがいいのです。抜け毛をどうにかするのではなく、抜けた毛の処理をする事に重点を置いて愛犬に接してあげましょう。

 

【関連記事】

生え変わりの時期(換毛期)でもないのに、よく毛が抜ける。これは病気?

 

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。