1、フードを変えて涙やけを解消する

 

namidayaketaisakugohan

犬の目の下が黒ずんだり、茶色くなってしまったりする症状があります。これは涙やけと言われるもので、涙が原因でついてしまうものです。この涙やけが出来てしまう理由としては、犬の食事、ドッグフードが影響しているという事、そして可能性としては病気が関係している事も考えられます。犬の涙やけは「ドッグフードを改善したら、症状が解消された」という事例も少なくありませんので、症状に悩んでいる場合には食べ物を変える事を視野に入れてみましょう。

 

ちなみに涙は、犬の涙が流れ出て行く涙管を通って排出されるのが本来の形ですが、涙管が詰まると、涙が目の下に流れてしまい、涙やけが起こってしまうのです。この涙管が詰まるのに、ドッグフードの影響があると考えられています。

 

1-1、涙やけ対策とドッグフードの選び方

涙やけを起こす食べ物の原因としては、加熱処理が施されたものが、涙をドロドロにしてしまいやすくするため、涙やけを起こしやすくなってしまいます。また、タンパク質の量や質に関しても、涙やけを起こす原因になりやすいのです。そこで、ドッグフードを選ぶ基準としてはまず、粗タンパク質を調整するように、ドッグフードを選んでみる様にすることが大です。

 

タンパク質の不足、あるいは過剰に摂取している状態であっても、涙やけは起こる事があります。そのため、まずは現在与えているドッグフードの粗タンパク質の数値を確認してみましょう。そして、新しいものに変えるとき、その数値とは異なるドッグフードを選んでみて、調整していきましょう。

 

運動不足のワンちゃんは要注意

dog-1167943_640

運動不足のワンちゃんは、よくお散歩などで運動しているワンちゃんと比べてカロリー消費量が少ない傾向にあります。これが原因で涙やけのような症状に陥っている可能性があります。この点は飼い主の方が餌の調整や運動など、ペットの管理をしっかりとすることです。一つの方法としては、たんぱく質などが少ない低カロリーの餌を選ぶようにすることです。そうすれば、必然的にワンちゃんの体調も減量思考になりますので、涙やけの原因も少なくなります。このあたりは、餌との相性や、間食させている餌が原因で身落としている可能性もございますので、よくチェックされることをおすすめいたします。

 

もし症状が続くようなら獣医に相談を

3f276b87064d520f4824445d2d671b03_s

長く涙やけの症状が続くようでしたら、専門の獣医さんに相談することも一つの方法です。餌が完全にワンちゃんに合っていない場合など、なかなかすぐに症状が改善しないこともあります。専門のドックフードを与えれば、症状が大幅に改善されることも珍しくありませんので、どのような餌を与えているのか、記録を取り、獣医さんに相談してみてください。ワンちゃんの体質に原因があることもあるため、もし同じ犬種を飼っている方でも、症状がぜんぜん違う場合もあります。大きな要因は餌にありますが、そのほかの理由としては遺伝や環境要因もありますので、それらの点も詳しく相談されると良いでしょう。

 

1-2、まとめ

以上、涙やけと涙やけ対策フードに関してお伝えしてきましたがいかがでしたでしょうか?涙やけは一見すると見た目だけの問題にとらえられがちな面もありますが、もちろん見た目だけではなく、健康面に悪影響を与えている症状の一つといえます。ワンちゃんとの健康的な生活を過ごすためにも、軽く考えることをせず、涙やけ対策をしっかりと行っていきましょう。ごはんの見直し・切り替えだけでも対策が出来ることが多いワケですからね、出来ることから取り組んでいきましょう。なお、涙やけ対策でおすすめのドッグフードについては「無添加ドッグフードで涙やけ対策もできるおすすめフードとは?」という記事で具体例を交えてお伝えしていますので、よろしければご参考になさってくださいませ。

【涙やけ対策フードの参考記事】 → 無添加ドッグフードで涙やけ対策もできるおすすめフードとは?

 

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。