1、食物アレルギー対応ドッグフードのオススメ

1-1、食物アレルギー

最近、愛犬の皮膚炎で病院へ行ったら食物アレルギーがあることが分かった!という方がいらっしゃると思います。今までと同じドッグフードを与えていたのになぜ突然?と思われるかもしれませんが、人間の花粉症と同じようにアレルギーは突然なることも多いんです。
まず食物アレルギーが起こる理由としては下記のような事が考えられます。
犬も人間と同じで体内で食べ物など病原体でないものに免疫反応を起こさないように制御されていますが、ストレスか環境など何らかの原因によって制御がされずに免疫反応を起こしてしまう事があります。これは添加物の取りすぎが原因だという説もあります。ですが、人間同様犬のアレルギーもなぜ起こるかははっきりとした原因が分かっていません。

 

  • 生まれ持っての食物アレルギーがある、
  • 突然食物アレルギーになった、

など、ケースは色々ですが、ここでは食物アレルギーに対応したドッグフードのおすすめする選び方を紹介したいと思います。

 

1-2、アレルゲン(アレルギーの原因となる物質)

動物病院でアレルゲン(アレルギーの原因となる物質)の特定も出来ますが、血液を採って検査機関に送って何のアレルギーかを調べるには費用も日数もかかります。毎食後に口の周りが赤くなったり体が痒そうになってきたら食物アレルギーを疑う必要があります。食物アレルギーがわかったらまずしなくてはいけないのは今までのドッグフードを切り替える事です。犬のアレルギーで多いものはチキン、ビーフ、ラム、ポーク、乳製品、鶏卵、トウモロコシ、大豆、大麦、小麦などですがほとんどのドッグフードで使用されているものですね。

 

そこでアレルゲンが特定されていない場合はアレルゲンの特定を行いましょう。例えばチキンではアレルギー反応が出たけどビーフ主体のフードは問題ないという子もいます。今までと主体の違うドッグフードをあげてみるのがいいと思います。ただ、ビーフと書いてあっても原材料にはビーフの他にチキンが入っているケースもありますので必ず原材料は確認しましょう。

 

最近では低アレルギーフードと言われる食物アレルギーの愛犬のためのドッグフードも売られています。これはアレルゲンとして多い食材を除いて特別に作られたものもありますし、肉類にアレルギーのある子、穀類にアレルギーのある子、それぞれに作られたアレルギー対応のドッグフードも多種にわたり販売されています。
EPA(オメガ3必須脂肪酸)を長期にわたり摂取する事でアレルギー体質を改善すると言われていますがそのEPAを多量に含んだドッグフードが販売されています。その他にはプロバイオティクスという腸内のバランスを改善することに有益な効果をもたらす微生物を含んだドッグフードも販売されています。プロバイオティクスには抗アレルギー作用があるということが国内外で発表されているからです。
最近はアレルギーの子も多いので普通にペットショップやホームセンターで購入することも出来ますし、インターネットでもかなりのドッグフードメーカーが紹介・販売しています。

やはり、アレルギーがある子には食物アレルギー対応のドッグフードを選んであげた方がよいでしょう。各メーカーもアレルギーの子にむけていろいろ工夫している事がわかります。

1-3、手作りフードでアレルゲンを除くのも一つの手

あとはアレルゲンの食材を除いて手作りフードを作る事もいいと思います。毎日の労力や出費はあるかもしれませんが愛犬のために勉強を始めるのも良いことですね。

1-4、まとめ

愛犬が食物アレルギーで苦しい思いをしないで済むように、愛犬にあったドッグフードを選んであげてくださいね。

 

【参考記事】 → 食べ物が原因で起こるアレルギーに対応できるアレルギー用ドッグフードとは?

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。