1.犬が嘔吐したときの知っておくべき原因と適切な対策

犬は嘔吐しやすい動物とはいえいつもの光景と思ってよそ見をしているともしかしたら重大な病気の見落としをしているかもしれません。今回は犬が嘔吐してしまった時の知っておきたい原因と対策について詳しく解説していきます。犬の嘔吐についてちゃんと正しい知識を身に付けておけば愛犬の健康寿命に大きくお役立てになりますよ。

1-1.嘔吐が多い犬種

嘔吐が特に多い犬種は中でもチワワ、フレンチブルドッグ、パグ、ちん、チャウチャウ、トイプードル、ボストン・テリア、シーズーなどの短頭種があげられます。元々の器官が細いという理由から喉を詰まらせやすかったり気管の病気を患いやすかったりするため、より注意深く観察することが重要です。

1-2.嘔吐の種類

嘔吐には大きく以下の2つに分類されていてそれぞれ特徴があります。

吐き戻し

未消化の食べ物を前に吐きますが、食べ物の原型はそのまま残っているのが特徴的です。また、吐き戻しの時の犬の様子は特に変化は感じられず吐いた食べ物を再び口にすることもあります。

嘔吐

嘔吐はある程度消化された状態で吐きます。犬の様子は下を向いた状態で吐いた物は再び口にすることはありません。嘔吐の場合は胃の中まで一旦飲み込んだ物を逆流して口から出すものなので吐き戻しとは大きく違ってきます。嘔吐は胃腸や肝臓、腎臓などの消化器官が何かしらの異常を訴えて脳に密かに指令を出して反射的に吐き出した行動です。また、嘔吐にはストレスから来る場合もあるため嘔吐の行動を起こした際はその前後を注意深く観察して原因を見極めることが求められます。

まずは嘔吐には大きく違う2種類あるということをしっかり認識してください。基本的に吐き出しは病気とは何ら関わりがないということが分かると思います。次は嘔吐と併発する症状と病気の関係性について解説します。

1-3、嘔吐と併発する症状で病気かどうかを見極めよう

犬の嘔吐は単体では特に病気の心配は入りませんが以下の症状がみられた場合は嘔吐した物を獣医師さんに診てもらってください。

  • ぐったりして元気がない
  • 何度も繰り返して吐く
  • 下痢
  • 血が混ざっている
  • 嘔吐物のニオイが強い
  • 発熱
  • 痙攣

これらの症状が嘔吐と同じタイミングで現れていたら以下の様々な病気に繋がっている可能性が高いです。

  • 食物アレルギー
  • 抗生物質反応
  • ウイルス感染症
  • 肝疾患
  • 膀胱炎
  • 悪性リンパ腫

など、様々な病気の可能性が考えられます。出来ればおうちで予防できれば一番なのですが、嘔吐とこの症状が出たらこの病気です、という特定は病院で診断する以外は不可能なのが現実です。

1-4、最後に

ここまで犬の嘔吐と知っておきたい原因と対策についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?嘔吐には2つに分類されている事と併発する症状が出なければそれほど心配することないというがご理解いただけたと思います。

あと、おうちで出来る対策として一番確実なのは栄養バランスを考えた食事管理をしっかりやってあげることです。今回お伝えした嘔吐に関する予備知識と食事管理を併用していただいていつまでも健康で暮らせる生活環境を作ってあげてくださいね。

【関連記事】→ 犬が嘔吐する、なのに“食欲あり”の時は病院に連れていくべき??

 

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。