photo-1452698200792-0d1e0c1b429a

 

犬が嘔吐したら茶色いものが!

犬はとても吐きやすい生き物です。嘔吐物が茶色い場合にはどのようなケースが考えられるのでしょうか?

気になる飼い主さん向けて、こちらで原因と対策についてお伝えいたします。

 

1.犬の茶色い嘔吐物の原因・症状・対策は?

medic-hospital-laboratory-medical-40559

犬は嘔吐の多い生き物です。これは犬は4足歩行のため胃が横向きです。そして肉や食事を丸飲みすることから胃液も濃いために吐きやすいのです。

犬が吐くものは消化されていない食べ物や黄色っぽい泡のようなものや茶色いものなどがあります。ここでは一番危険な茶色いものを吐いた場合をお伝えします。

 

茶色の嘔吐物はどんなもの?

犬が嘔吐したものが茶色いと「何かの病気かな?」と心配になりますよね?

犬の嘔吐物が茶色いのは、古い血が混ざっているのが原因です。まず、この原因を頭に入れておくと次の対処がしやすくなるので覚えておいてください。

古い血と言うことは「吐血の一種」になります。つまり、吐血に繋がる原因を特定しなければなりません。主な原因としては

  • 誤飲したものが胃や腸を傷付けてしまった時に起きた出血
  • 急性胃腸炎の場合
  • 胃潰瘍の場合
  • その他

これらの事が考えられます。

 

【参考】血が茶色になるメカニズム

血が茶色になるのは身体の中に長時間とどまっていて「酸化」をするからです。

人間で考えると分かりやすいかと思いますが、血が乾いたら茶色っぽくなる状態と一緒です。反対に鮮血は綺麗な赤色をしています。

赤い血で考えられる原因としては、肺の出血が原因と考えられますが、出血して比較的早く吐血するので赤くなるのです。

血の色によってどこが出血しているか?原因を突き止めやすくなるので、色は覚えておくか嘔吐物を持って診察を受けることが大切です。

 

1-1.茶色い嘔吐の対処法

茶色い嘔吐物が出てきてしまった場合の対処法について、それぞれの場合に分けて解説していきます。

 

誤飲したものが胃や腸を傷付けてしまった時に起きた出血

異物が体外へ排出されていればまだ問題は少ないですが、まだ体内にある場合には外科手術によって取り除く方法が行われます。

 

急性胃腸炎が原因の場合

胃腸炎の主な原因は、アレルギーで起こる場合と固い食べ物を噛まずに飲み込んでしまった場合、腐敗した飲食物を口にした場合、腐った食べ物や腐敗した水などを飲んでしまった場合、などで発症します。風邪で起きることは犬の場合はほとんどありません。

子犬の場合は、急にご飯を食べたり過度に熱いものや冷たいものを食べたりしても炎症を起こす場合があります。シニア犬の場合は、硬いものがしっかり噛めなかった物が胃に入り炎症を起こすことがあります。

なお、ほとんどの場合は胃液や胆汁などを吐く事が多いですが、吐くものが無いのに嘔吐が続くと血を吐いてしまう場合があります。嘔吐を繰り返す事は脱水症状にもつながりますので水分補給に注意が必要です。

 

他にも最近ではアレルギー性胃腸炎もあります、食物アレルギーが胃で起こる状態です。

アレルギーを起こす犬が多くなってきているので、アレルギーが起こっているかも・・・と考えることも重要です。アレルゲンになる食べ物を食べることで胃腸炎になる場合があるので食べ物にも注意しましょう。特に人間用の食べ物を与えないことが大切です。

 

 

胃潰瘍の場合

胃潰瘍の場合は匂いのある茶色いものを吐く事があります。これは胃に穴が開いてしまったことで食べ物が胃で消化されず、発酵臭が出るからです。胃潰瘍の場合には内視鏡で状況をみて何が原因かを探り、原因を取り除く事からはじめます。主にストレスや腫瘍が考えられます。

また、動物病院にもしっかり連れていってください。

胃カメラで症状を確かめます。そして、胃潰瘍の原因になっている病気がある場合にはその病気を治すことを優先することで、胃潰瘍も一緒に治すことが出来ます。腫瘍が原因の場合は摘出手術をして、胃酸を抑える薬を飲んで、回復を促していきます。

胃潰瘍は症状が悪化すると血便が出たり、発熱をしたりもします。人間の胃潰瘍と同じで、穴が大きくなっていくと急死する危険性がある怖い病気です。茶色の嘔吐物が出てきたら、迅速に対応していきましょう。

 

その他

肝臓や腎臓の病気でも血が混じった嘔吐をする場合もあります。

 

【参考】あまり心配のいらない嘔吐は?

e5dd08745587f02ebb4c252df3dcf2c8_s

 

【黄色い泡のようなもの】

これは空腹時に起こる症状です。透明な胃液とともに黄色い胆汁を吐いてしまうのです。食事の時間の見直しをしたり、食事の1回の量を減らし回数を多くする事で解消します。また、飼い主さんが気付きにくいのですが、夜ご飯から朝ご飯の時間が長いケースがよくあります。時間が開きすぎている場合には夕ご飯をもう少し遅めの時間にする事も有効です。ただ、こちらもあまり問題はありません。

 

【消化されていない食べ物】

ほとんどの犬は食べ物を丸飲みします。そしてその食べ物がうまく通らない時に「吐きもどし」というものを行います。急いでフードを食べた場合も詰まってしまい吐く事があります。ガムやフ―ドを未消化で吐き出し再び食べるようであれば問題ありません。

 

1-2.まとめ

犬の茶色の嘔吐物は胃潰瘍の可能性が高いですが、他にも原因がある可能性があるので、早急に対応する必要があります。特に胃潰瘍は対処が遅れると、命に関わりますので、早く動物病院で診察を受けましょう。

体内で出血が起こっている場合には、嘔吐とともに血便もみられることが多いです。愛犬の健康のため便などのチェックも毎日行ってくださいね。

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。