1.犬の背骨が変形する病気って?

1-1. 犬の背骨が変形する病気【変形性脊椎症】

私たち人間と同じように犬にも腰痛があることをご存知ですか?脊椎の変形を起こす【変形性脊椎症】という関節症の病気があります。背骨の中を通る脊髄の神経が障害を受ける病気です。主に高齢犬にあらわれる老化現象ですが、最近では、年齢に関係なく姿勢・食事の栄養バランス・外傷などが関係しているという説もあります。基本的にどの犬種でも考えられる病気ですが、肥満傾向・遺伝的に胴の長い犬種は起きやすい傾向にあります。ダックスフンド・コーギー・ビーグル・ペキニーズにとくに多いといわれています。変形性脊椎症は、胸から腰にかけての背骨が徐々に変形していき脊椎の一部がカルシウム沈着を起こして異常な突起ができてしまったり、隣り合う脊椎がくっついてしまう病気です。背中の柔軟性がなくなることで歩き方がぎこちなくなるといった症状がみられますが、通常はこれ自体で腰が痛くなることはありません。脊椎にできてしまった突起が背骨の中を通る脊髄の神経を圧迫することによって、麻痺や痛みなどさまざまな症状がみられるようになります。

症状としては、

・歩いたり触られるのを嫌がるようになる。
・足元がふらつく。
・手足の麻痺。
・中腰でトイレができなくなる。
・立ち上がれなくなる。
・排尿、排便の失禁。

といった様子がみられるようになります。ある日突然麻痺があらわれるわけではなく徐々に症状が悪化していきますので、日ごろから飼い主様がどれだけ愛犬を観察されているのかということがとても重要になってきます。

一番の大きな原因は加齢ですが、、肥満や運動不足、逆に背中に過剰に負担をかける過度な運動を繰り返すことも良くないといわれています。変形性脊椎症は、いったん発症してしまうと根本的な治療ができない病気です。抗炎症剤や鎮痛剤などを使った痛みを和らげる内科的治療しかなく、愛犬に辛い思いをさせてしまうことになります。日ごろから、関節に良い食事や関節に負担をかけない生活環境を心がけてあげたいですね。

1-2. 犬の背骨の変形予防に良い食事や生活環境は?

【食事面からの予防・おすすめの成分】

「コラーゲン」
体を構成するたんぱく質の30%を占めているコラーゲン。もちろん関節を構成する骨・軟骨・筋肉・靭帯・腱にとっても欠かせない重要な成分です。弾力性があり、関節にかかる衝撃を吸収してくれます。コラーゲンを豊富に含むおすすめ食材は、鶏手羽・鶏皮・鶏ガラ・牛スジ・牛テール・豚バラ肉・豚骨・豚足です。

「ビタミンC」
コラーゲンの生成に必要なビタミンCですが、犬は肝臓でビタミンCを合成できますので、健康なら特に意識して与える必要ないといわれています。ですが実際は、薬の服用やストレスが原因で不足していたり運動量が多い子は体内合成分だけでは補えていない場合も少なくないようです。日頃から食事でビタミンCを補ってあげたいですね。ビタミンCは、野菜・果物に多く含まれます。ビタミンCを豊富に含むおすすめ食材は、ピーマン(赤ピーマン・黄ピーマンはとくに豊富)・パセリ・レッドキャベツ・ブロッコリー・柿・キウイ・いちごです。与えすぎは下痢の原因になりますので、量はごく少量にしてください。

「オメガ3脂肪酸」
DHA・EPA・アルファリノレン酸が、関節の炎症を抑えて痛み・腫れ・こわばりを緩和してくれます。DHA・EPAはサーモンオイル・イワシオイルなどの魚油や青魚に多く含まれます。アルファリノレン酸は、亜麻仁油・しそ油・えごま油などに多く含まれます。

「コンドロイチン」
関節軟骨の柔軟性や表面をなめらかに保ってくれます。コンドロイチンを豊富に含むおすすめ食材は、山芋・オクラ・納豆・めかぶ・モロヘイヤなどネバネバ食材です。

「グルコサミン」
すり減った関節軟骨を修復してくれます。グルコサミンをを豊富に含むおすすめ食材は、鶏手羽・牛・鶏・豚の軟骨・うなぎ・フカヒレ・鶏皮・ネバネバ食材(山芋・オクラ・納豆・めかぶ・モロヘイヤなど)です。

「ヒアルロン酸」
緩衝作用や潤滑作用により関節の動きを良くしてくれます。ヒアルロン酸を豊富に含むおすすめ食材は、鶏手羽・鶏軟骨・豚足・鮭・カレイ・フカヒレ・魚の目・うなぎ・ネバネバ食材(山芋・オクラ・納豆・めかぶ・モロヘイヤなど)です。

食事だけで改善できるわけではありません。あくまでも予防的な意味合いになりますので、痛みなどの諸症状がすでに出ている場合には動物病院で早めに受診してください。

食事を補うものとしてサプリメントを選択される飼い主様もいらっしゃいます。最近は、犬種を問わず骨・関節の病気を抱える犬が増えているようです。ポピュラーなグルコサミン・コンドロイチンが配合されているサプリメントをはじめ、現在犬用のケアサプリメントは数多く発売されています。高い効果が期待でき薬と同じような使い方をするものやおやつ感覚で与えられるものなどありますが、サプリメントに関しては獣医師の見解が分かれるようです。おすすめされる獣医師もいれば、サプリメントがあることは説明されても処方はされないといったスタンスの獣医師もいらっしゃいます。最終的には飼い主様がさまざまな情報をもとに判断をされることになるのですが、過剰摂取も良くありません。栄養バランスがとても重要になってきます。とくにサプリメントを長期間与えるような場合や薬効があるようなものを併用すされる場合は、専門のペット栄養管理士または獣医師にご相談されることをおすすめします。

【生活面からの予防・犬の関節に負担のかからない環境づくり】

・フローリングの床にカーペットやマットなどを敷いてあげる。
・ソファーやベッドへジャンプさせないようにスロープや段差の低いステップ台を置く。
・滑らないように、足裏の毛を定期的にカットする。

ちょっとし工夫で愛犬の体への負担を軽減してあげられます。愛犬がシニアになってからではなく、快適に過ごすための生活環境は若いうちから整えてあげて体をいたわってあげましょう。

変形性脊椎症は、生涯麻痺が残るかもしれない病気です。症状が出ていない場合でも何か気になることがあるようでしたら、できるだけ早く動物病院で診察をうけてください。

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。