1、犬が皮膚ガンになってしまったら

1−1、炭水化物はガンのエネルギーになってしまいます。控えめに・・・

犬の死因の第一位は「ガン」です。犬がガンになってしまう原因として考えられるのは、加齢、紫外線や放射線、ウイルス、遺伝性、免疫不全など様々です。
例えば、犬の「皮膚ガン」に焦点を当ててみようと思います。犬の皮膚ガンの症状として見られるのは、皮膚の盛り上がりや黒ずみ、普段はないはずのしこりが発生したりするなどです。また、同じ皮膚ガンであってもその発生部位により、食欲不振や嘔吐、歩行困難など様々な異なった症状が現れるのです。
大切な愛犬がガンになってしまったとき、飼い主には何も出来ないのでしょうか。ただ弱っていく子を見守るしかないのでしょうか。いえ、そんなことはありません。ガンになってしまった愛犬のために飼い主が出来ることは、「食事の見直し」です。ガンになってしまった子にとって最適な食事環境を整えてあげること、内容を考慮し、食べやすいように形態を工夫してあげましょう。

そこでまず気をつけてほしいのが、「炭水化物」です。炭水化物はガン細胞に「エネルギー」として利用されてしまいます。ですから、出来るだけ炭水化物を少なくし、変わりにガン細胞がうまく利用できない「脂肪」を多く含む食事で犬のエネルギー源を確保するようにしてください。
また、ガンの犬専用のドッグフードやサプリメントを上手に活用することもいいですね。適した素材と栄養素で作られていますから、愛犬がガンになってしまったらまずはこうしたものに切り替えていくと良いかもしれません。
ステージが進んでいくにつれ、そうしたものもうまく食べることが出来なくなり、また、食べてもすぐに嘔吐してしまうようになるかもしれません。そんな時は色々な制限を取り払い、その子が一番食べたいもの、食べやすいもの、興味を示すようなものにシフトしていってあげてください。苦しみの中にいてもなお様々な我慢をさせるのか、自由に望みをかなえてあげるのか・・・それは飼い主さんの判断になりますが、その子に一番良いであろうと思われるサポートをしてあげましょう。

1−2、まとめ・・・

犬の死因の第一位が「ガン」です。ガンを発症する理由は様々ですし、発生部位によってその症状も異なってきます。例えば同じ皮膚ガンであっても、部位が異なれば食欲不振や嘔吐、歩行困難など様々な症状が現れたりするのです。
このように、愛犬がもしも「ガン」だと診断されたら、飼い主は何をしてあげればいいのでしょうか。まずは「食事の見直し」をしましょう。ここで気をつけて欲しいのが「炭水化物」についてです。炭水化物はガンにとってはエネルギーになってしまうものですので、出来るだけ少なくしてあげましょう。ガン専用のドッグフードやサプリメントがありますので、まずはそちらに切り替えてあげるのもいいかもしれません。
ステージが進むにつれて食事がうまく摂れなくなってくることも大いにありますので、そんな時はその子にとって一番食べやすいもの、興味を示すものなどにシフトしてあげる必要も考えてください。

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。