1.犬の歯槽膿漏について

人間と同じように、犬も歯周病に悩まされることが非常に多いです。歯肉炎、歯槽膿漏などを含む「歯周病」は、毎日の歯磨きをきちんと行うことで防げるものですから、飼い主さんがしっかり管理してあげることが重要。また、口腔内の異変は様々な症状として現れ、分かりやすいものが多いので、愛犬の変化についても敏感に察知できるようでなければいけません。

犬の歯周病に含まれる「歯槽膿漏」。これは、炎症によって生じた膿が歯槽に排出された状態の事をいい、口から悪臭を放つのが特徴です。原因は「歯石」。食べカスがきちんと除去されずに残ってしまうと「歯垢」となって固まり、2~3日すると「歯石」に変化します。この歯石が膿が溜まる原因となり、歯肉の炎症を引き起こすのです。歯槽膿漏は、悪化すると顎の骨まで溶かしてしまうことがあるので早めに対処しなければなりませんし、予防が何よりも重要になってくるというわけです。

1-1.口臭、よだれ、顔の腫れ・・・それが犬の歯槽膿漏のサイン

歯槽膿漏の主な症状は、口の悪臭、よだれが垂れる、口腔内の不調により食欲が低下する、顔が腫れる、など、分かりやすいものが多いですので早期発見が十分に可能です。歯槽膿漏の治療は主に歯石除去がメインとなりますが、これは全身麻酔を必要とする場合もある為、犬の体に大きな負担がかかるというリスクがあります。あまりにも症状が酷い場合は抜歯しなければならないというケースも少なくありません。このようなことを防ぐためにも毎日の歯磨きがとても大切になってくるのです。歯磨きガムや、おもちゃをつかっての歯磨きも効果的。出来るだけ毎日歯磨きをするようにし、歯周病の兆候が見られた場合は早めにかかりつけの獣医師さんの診察を受けるようにしましょう。

犬は人間と違って痛みや不調を言葉にして伝えることで出来ません。健康維持のためにも普段から犬の様子をしっかり把握し、適切なケアをしてあげるように心がけて下さい。

1-2.最後に。

以上、「犬が歯槽膿漏になった時は?主な症状と原因・対策について」というテーマでお伝えしてきましたがいかがでしたでしょうか?歯周病、歯槽膿漏などと聞いてしまうと、一見すると人間の歯の病気であり、「犬には関係ないかも」といった思いになる方もいるやもしれません。その結果、油断している間に自分の愛犬がその症状になってしまった、ということになってしまうと、飼い主さんも、ワンちゃんもそれぞれがつらい思いをしてしまいます。

  • 犬にも歯の病気がある

この認識を持っておくだけでも違います。ぜひ、愛犬の歯のトラブルには細心の注意を払っていただき、後々の大きなトラブルにならない様にケアを心がけてあげてくださいね。

【関連記事】→ 【口腔腫瘍に注意!】犬の口にまつわる病状と対策まとめ。

 

 

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。