1、うんちについている血で犬の身体の状態が分かる!

犬のうんちは、色や状態、臭い、量などを良く見ることで、健康状態を知る事が出来る大切な合図になっています。気をつけなければいけないのは、うんちに血が混じっている「血便」が出ている場合です。状態や症状別に対処できるようにしていきましょう。

出血している場所によってうんちに血が付く場所が変わってきます。時間の経過で血液は黒く変色するので、どこから出血しているか、原因は何なのかをある程度予測することができます。血便が出た時は、うんちのどこに血がついているのか、また、何色になっているのかをまず確認するようにしましょう。

確認してほしいこと

① うんちのどこに血がついているのかを確認しよう!

うんちの周りに血が付いている場合は、うんちの形を作る大腸後半から肛門の周辺で出血している可能性が高いです。反対に、うんちの中に血が混じっている場合は、うんちになる過程で出血しているので、小腸や大腸前半での出血を考えなければなりません。フードをふやかして水分を多く摂る対策をしましょう。

② 血液の色や状態を見よう!

鮮やかな赤い色の血がついている時は、出血から時間が経っていないので、肛門近くから出血していることが考えられるのです。原因は、便秘でうんちが硬くなって、肛門が傷ついていたり、大腸ポリープで大腸から出血している場合です。さらに、下痢でも粘膜が傷ついて出血することもあるので、今のうんちの状態がどれに当たるのか確認しましょう。

③暗い赤色や赤褐色の血便の場合は?

暗い赤色や赤褐色の血便の場合は小腸に寄生虫がいると暗い赤色になります。代表的な寄生虫は鉤虫(こうちゅう)といって、小腸の粘膜に食い込んで吸血します。なんとも怖い状況ですね。特に子犬は寄生虫が原因で衰弱した結果、命の危険もあるので、時間を置くことなくすぐに寄生虫駆除をしましょう!

④異臭がする血便の際は?

ケチャップ・トマトジュースみたいで異臭がする血便の場合は、パルボウイルス感染症の可能性があります。
パルボウイルス感染症は、激しい嘔吐や下痢、脱水や貧血などを起こして急激に衰弱してしまう怖い病気です。ワクチンをしていれば基本はかからない病気ですが、子犬やワクチンをしていない犬はなりやすく致死率が非常に高いので、絶対に病院に行きましょう。

⑤タール便の場合は?

タール便(全体が黒光りしたゆるいうんち)の場合は、消化管自体で出血が大量に起きていて、胃潰瘍や胃がん、気管や肺からの出血がある可能性が高く深刻な状態ですので、絶食させて内臓を休ませた状態で、病院に行くようにしてください。

①~⑤は病気の可能性が高いです。赤い物を食べたから赤いうんちになると思う飼い主さんも多いですが、うんちが赤くなることはありません。唯一食材でうんちに血がつく場合は、タマネギによる中毒です。タマネギを食べてしまって暗い赤色のうんちが出る場合は、血尿や嘔吐も一緒に症状が出ている時は中毒になっているので、すぐに病院に行きましょう。

まとめ

血便を見つけたら、まず冷静に観察することが大切です。状態をしっかり獣医さんに説明するために、写真を撮ることが大切です。
動物病院へ血便を持って行く際は、乾燥していないうんちを持って行くことで、もし虫がいた時にすぐに発見することが出来ます。乾燥してしまうと虫が死んでしまうので、確認が出来ない場合があります。

経過を見ていいものから、すぐに病院へ行く緊急な場合があります。状況を把握して的確な対策をとってあげましょう。

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。