1. 小型犬に多くみられるパテラ(膝蓋骨脱臼)ってどんな病気?!

1ー1.パテラってどんな病気?

脱臼は犬によくみられる病気ですが、その中でも多くみられるのがパテラ(膝蓋骨脱臼)です。パテラは、後ろ足の膝蓋骨(ひざの関節のお皿)が正常な位置から外れてしまう状態のことをいいます。脱臼を繰り返すことで膝に進行的な関節炎を起こしてしまいます。 パテラになる原因には、先天性のものと後天性のものがあります。先天性の脱臼は、生まれつきの膝関節のまわりの筋肉や骨・靭帯の発育形成異常や発育異常などが原因となります。とくに遺伝的な骨格の構造から、チワワ・ヨークシャーテリア・マルチーズ・トイプードルなど小型犬種に多い病気のようです。後天性の脱臼では、交通事故や打撲・落下・衝突・転倒・急な方向転換また生活環境などが原因となります。

1ー2. パテラの重症度は4段階。

パテラの症状のグレードは4段階に分けられています。初期は無症状の場合が多く、進行すると痛みから触ると嫌がったり跛行が多くなります。再脱臼が起こりやすい関節であることと肥満や加齢で症状が悪化する可能性があることから、早い段階で内科的治療または外科的治療(手術)の必要性の有無を検討するのが良いといわれています。

【グレード1】
膝をまっすぐ伸ばして膝蓋骨を指で押すと脱臼を起こしますが、指を離せば元に戻ります。日常生活では脱臼を起こすことはまずありません。激しい運動をした後など時々短い時間の脱臼を起こし、跛行(正常な歩行が困難な状態)がみられます。症状が出ても自然と戻って無症状であることがほとんどです。

【グレード2】
膝蓋骨は指で押したり膝を曲げると脱臼してしまいますが、足を伸ばすか指で押せば元の位置に戻ります。日常生活には支障はありませんが、脱臼すると跛行がみられます。自分で脱臼を戻そうと足を後ろに伸ばすしぐさをすることがあります。。脱臼が元に戻るとまた普通に歩けるようになりますが、放っておくと加齢とともに骨が変形を起こしたり膝の靭帯が伸びるなど悪化するとされています。

【グレード3】
膝蓋骨は常に脱臼したまま、もしくは脱臼したままの時間の方が長い状態です。指で押すと一時的に元の位置に戻りますが、関節を曲げると再度脱臼します。腰をかがめて跛行するようになりますが、中には全く跛行がみられない場合もあります。骨の変形も顕著になってきます。

【グレード4】
膝蓋骨は常に脱臼したままの状態で元に戻ることがありません。指で押しても整復できません。骨が重度に変形して膝関節を伸ばすことができないので歩くのを嫌がり、かがみこむような姿勢で足を曲げて跛行するようになります。

1-3. 小型犬のパテラは手術するべき?

治療には、内科的治療と外科的治療があります。痛みの度合いや機能障害に発展する可能性・年齢・症状・犬種・体重・生活環境などさまざまな情報から、内科的治療または外科的治療(手術)の必要性の有無が検討されます。内科的治療には、理学療法(半導体レーザー治療)・鎮痛剤の投与やサプリメント・体重制限・運動制限などがあります。  手術は、パテラを起こす確率を減少させることを目的に行います。症状を軽減して進行を遅らせるための治療法ですので、再発の可能性が完全になくなるわけではありません。

小型犬のパテラはとても多いのですが、現在整形専門学会では「体重3kg以下の犬に膝蓋骨脱臼の外科手術は基本的に行うべきではない」という見解が出ているようです。手術には、全身麻酔をはじめ必ずいくつかのリスクがあります。獣医師から十分な説明を受けられて飼い主様が納得されたうえで判断してください。また手術に関しては、関節疾患の専門病院へご相談されることをおすすめします。ネットで「犬 関節専門医(整形外科)+お住まいの地域」などのキーワードでお探しいただけます。パテラは、早期の診断・治療がとても重要です。気になる症状がある場合には、できるだけ早く動物病院で受診してください。先天性の場合、習慣的に脱臼しているため痛みがなく日常生活では気づかないこともあります。安心されるために一度受診されるのも良いかもしれませんね。

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。