1. 犬の熱中症について考えよう。

1-1. 犬に熱中症の症状が見られたときの対処法は?

犬の熱中症の初期症状では、いつもより呼吸が荒くなる・体が熱いといった症状がみられます。そのサインを見逃してしまうと、痙攣を起こす・意識がなくなる、最悪の場合はそのまま死に至るというケースもあります。

愛犬に熱中症の症状が見られたら、体温を下げるためにまず水をかけて体を冷やしてあげてください。次に状況を見ながら水を少量ずつ飲ませてあげてください。その後、保冷剤(ポリ袋に氷を入れるのも良いでしょう)で体を冷やしながら(重点的に冷やすポイントは、首回り・脇の下・太ももの内側です)、動物病院へ連れて行きましょう。体温が下がり容態が落ち着いたように見えても、体内では大きなダメージを受けている可能性があります。ご自身で判断をされず、必ず診察を受けてください。

1-2. どうして犬は熱中症になるの?

犬が熱中症になりやすいのはなぜでしょうか。犬は皮膚に汗腺がなく汗をかくことができません。体温調節は足の裏だけと限られています。また犬は地面に近い距離に頭や心臓があるため、放射熱や日差しの照り返しを人間よりもはるかに受けてしまいます。犬が熱中症になる原因はさまざまですが、その中からいくつかご紹介したいと思います。

【散歩】

私たち人間は気づきにくいですが、実際地面をさわって確認していただくと分かると思います。放射熱や日差しの照り返しで地面は想像以上に温度が上がっています。アスファルトの場合は相当温度が上がっています。犬は頭や心臓が地面に近く、直接足裏が地面に触れていることも考えると、体には大きな負担がかかっているといえます。散歩は、朝方か夕方を少し過ぎた日差しの影響の心配がない時間帯を選びましょう。気をつけたいのが、愛犬を待たせる場合です。たとえ数分間のわずかな時間だとしても、体に熱がこもり犬にとっては大変危険です。連れ去りなどの問題もありますし、そばを離れて愛犬を待たせるようなことはしないでくださいね。

【犬小屋の場所】

犬小屋はできるだけ気温が低く風通しが良い場所に設置してあげてください。熱中症が起こりやすい時期は、日差しの影響をあまり受けない場所が良いでしょう。体温調節などである程度自由に動けるように、つないでいる紐を長めにしてあげてくださいね。水を飲む回数も増えますので、飲みたいときにいつでも飲めるようにできるだけこまめに清潔な水を準備しておいてあげましょう。

【車内のケージ】

クルマに愛犬を乗せるとき、ケージを利用されている飼い主様は多いと思います。実は、熱中症が起こりやすい時期ケージには思わぬ落とし穴があるのです。エアコンで暑い車内の温度が下がっても、ケージの中の温度ははなかなか下がりません。中に入っている犬の体温でますます温度が下がりにくくなり、ケージの中で熱中症になるケースもあるようです。熱中症が起こりやすい時期のケージの使用には注意が必要です。

1-3. 犬にとって命の危険もある「熱中症」

風や日差しが気持ち良くなり、愛犬と一緒にお出かけを楽しめる季節になりました。熱中症といえば真夏を想像してしまいますが、犬の熱中症はもっと早い時期から注意が必要です。重度の熱中症にかかってしまった場合、歩けなくなったり筋肉が痙攣する症状を引き起こし最悪の場合は命の危険もあります。ペット保険の加入者が愛犬の熱中症による治療費をペット保険会社に請求したデータによると、夏本番7月8月がやはり飛び抜けて多いのですが、驚くことに今の時期4月5月からもうすでに熱中症にかかるペットが出始めていていることが分かりました。犬にとって熱中症は春からがスタートです。

愛犬の熱中症対策は毎年の課題です。今からおさらいしておくことで、いざというときに慌てずに対処できるようにしておきましょう。

1-4. おわりに

応急処置をしても様子が変わらない場合やご自分で判断するのが難しいと思われたら、迷わず診察を受けてください。犬は、痛い苦しいと言葉で伝えることができません。毎日愛情深く注意深く愛犬を観察する習慣が、いざというときの的確な判断につながると思います。また最近は肥満の犬の熱中症が増えているようです。肥満は体の中に熱がこもりやすく熱中症になりやすいため注意が必要です。熱中症対策として愛犬の体重管理もしていきましょう。大事な愛犬を熱中症から守ってあげてください。

【関連記事】→ 好き嫌いが激しいワンちゃんにはどうすべき?体調不良になる前に。

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。