1、犬の脱毛症について

1-1、脱毛の原因

犬は全身毛で覆われています。愛犬の毛が抜けてきたら要注意です。
脱毛の原因としては以下のような事が考えられます。

  • ストレス
  • アレルギー性皮膚炎
  • アトピー性皮膚炎
  • 外部寄生虫の皮膚炎
  • 副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)
  • 甲状腺機能低下症
  • カビ(真菌)や細菌による感染症

1-2、それぞれの症状と原因

ストレス

ストレスによって犬が体の一部分を舐め続けその部分だけ毛が抜けてしまいます。
体の一部分だけ舐め続けていたらストレスかもしれません。環境変化など何か変った事はないか確認してみましょう。

アレルギー性皮膚炎

アレルギーを持っている犬がアレルゲンと触れる事でアレルギー性皮膚炎をおこします。
食べ物アレルギーと接触性アレルギーに分類されます。接触性アレルギーとは金属や刺激物など特定のアレルゲンと触れた時に起こります。食べ物アレルギーは食事後、接触性アレルギーは物質の接触した後に体を痒がったりします。痒みや皮膚の炎症が起こり必要以上に体を掻くため顔、肢、脇、背中などに脱毛が認められます。酷くなると紅疹と呼ばれ全身が赤くなります。

アトピー性皮膚炎

アレルギー性皮膚炎の中の1つですが、こちらは食事や接触ではなく花粉やイエダニなど環境中の抗原に対する過剰反応で痒みや皮膚の炎症が見られます。必要以上に体を掻くために脱毛が見られます。

【参考記事】→飼い主さん必見!犬の皮膚病(皮膚炎)の代表的な種類や対策は?

 

外部寄生虫の皮膚炎

外部寄生虫が原因で皮膚炎が起こります。
ノミやダニなどアカラス症(ニキビダニ症)・疥癬・ツメダニ症などが考えられます。ノミによる皮膚病の場合は耳の後ろや背中から腰、尾から肛門などに脱毛やぶつぶつとした赤い発疹がみられます。アカラス症はフケが出たり脱毛が全身に広がる事もあります。成犬で発症すると病院での生涯の治療が必要となるケースが多いです。

副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)

ホルモン性皮膚炎の1つです。ホルモンの過剰分泌で起きます。頭と肢以外で左右対称に脱毛が見られたらこの可能性が高いです。

甲状腺機能低下症

こちらもホルモン性皮膚炎の1つです。ホルモンの分泌の低下が引き起こします。肢を中心として背中とお腹の毛が左右対称で抜けたらこの可能性が高いです。

カビ(真菌)や細菌による感染症 膿皮症や皮膚糸状菌症など

円形に脱毛がある場合は皮膚真菌症の可能性があります。皮膚真菌症は表皮や爪、毛などにカビが感染するものです。人間にも移る可能性があります。また、全身の皮膚が赤くなったり体が痒くなり噛んだりを始めたら膿皮症が疑われます。膿皮症とは皮膚の上で菌が異常に繁殖してしまい化膿して膿が出ている状態です。生活環境が悪かったり他の犬との喧嘩などで感染することがあります。

1-3、まとめ

以上、「犬が脱毛しているのは何かの病気?どんな症状が考えられる?」というテーマでお伝えしていきましたがいかがでしたでしょうか?このように、脱毛1つでもいろいろな原因があります。ノミやダニの駆除、愛犬が常にいる場所の掃除などを常に行っていれば病気でない脱毛は防げます。体が痒くて仕方ないというような可哀想な思いをさせないように早期発見、早期治療が出来るように心がけてくださいね。

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。