1.犬の胃腸炎について

1-1.犬の胃腸炎の対処

胃腸炎は人間に起こる事のある病気ですが、犬にも起こり得るものです。犬が胃腸炎を起こしていると判断できた場合、適切な対処を飼い主が行ってあげたり、獣医に適切な処置を施してもらったりする事が必要となります。
犬が胃腸炎を起こした際に行われる治療は様々です。
一つが誤飲を起こしたときの処置です。異物を犬が誤飲してしまった場合、催吐剤を使って吐かせたり、内視鏡を使って取り除いたりする方法、液体を飲み込んだ場合には胃の洗浄などが行われる事もあります。
また、胃腸炎を起こしている場合、絶食や絶水を行い、胃を休ませる処置が施される事があります。若く体力がみられる犬であると、12時間の絶水及び24時間の絶食を行い、消化のいい食事で症状を改善していきます。老犬の場合には体に負担をかけてしまうため、別の治療法が提案されるかもしれません。
胃腸炎は感染や寄生虫に感染しているために引き起こされる場合があります。そのときは体内からそれらの原因を除去するための対処を行います。
また、胃腸炎を起こすと、犬は何度も嘔吐を繰り返してしまう事があります。そうすると体の体液が減少してしまうため、輸液といって、点滴を行い、体液を補充する治療も行われます。
胃腸炎を起こしているという場合、飼い主だけで対処するのには限界があるかも知れません。明らかな体調不良を確認できた場合には、獣医に相談するのが望ましいと言えます。

1-2.犬の胃腸炎の症状とは?

犬の胃腸炎の対処について記述しましたが、肝心なのはどのような症状が現れるという事です。
犬の胃腸炎も人間に似たような症状が出てきます。下痢、嘔吐はもちろん、脱水症状や血便が出る場合もあります。ですから、それらの症状が出た場合は少し注意が必要になるでしょう。
犬の場合の原因としては、過食、腐ったものを食べる、化学薬品などの誤飲、感染、寄生虫など様々なケースで発症することがありますので注意です。特に注意して欲しいのが何かしら良くないものを食べた際に発生することです。犬のドッグフードの中にも良くないものがあり、それが原因で胃腸炎になっている場合がありますので注意が必要です。また、家の中にあるもので良くないものを食べたから胃腸炎になっているなどのこともありますので、それを避けるように注意しましょう。それと感染症には猫などの他の動物からの感染もあるので注意が必要です。

1-3.胃腸炎にしないために注意すべきこと

上記でも少し説明しましたが、胃腸炎になる原因に家の中にあるものが原因になることがあります。特に大型犬の場合、大きなもの、例えばテニスボールや靴下などをそのまま飲み込むことがあります。その飲み込んだものが原因で胃腸炎になるということがありますので注意が必要になるでしょう。
また、大きな物以外にも犬用のおもちゃやおやつで硬いもので破片として胃腸に入ることがあり、それが原因ということもあります。ですから、そのようなことに注意が必要になるでしょう。もちろん、犬自身が壊したものでそれが口に入るなどのこともあります。
何かしら飲み込んだ形跡がある場合は病院に連れて行き検査を受けたほうが良いでしょう。できる限り誤飲などを起こした場合には、慌てず早急に動物病院へつれていくのが安心です。
あとは、感染症などに注意が必要でしょう。感染症は外から来ることがほとんどですので、お散歩などで外に行った後に注意しましょう。ブラッシングなどをすることで多少ではありますが、抑えることが出来ます。また、免疫力を下げないこともとても重要なことですので、しっかりと犬の状態を良くするようにしましょう。

1-4.まとめ

犬にも人間と同じく、胃腸炎を起こしてしまう心配があります。誤飲を発見したり、明らかに胃腸炎の症状を疑えるものがみられた場合には、お早めに獣医に相談するようにしましょう。

【関連記事】→ 胃腸にやさしい(消化に良い)ごはん選びで大切なことは?

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。