1. ドッグフードが下痢の原因に!?

geri_img

1-1. ドッグフードについて見直しませんか?

カラフルで健康に良いキャッチコピーが目を引くドッグフードの数々、どれを選ぶか迷ってしまいますよね。皆様は何を基準にドッグフードを選んでいますか?愛犬は食事を選べません。愛犬の体をつくるために一番影響があるのが、飼い主さんが選ぶドッグフードなのです。質の良いドッグフードを与えること、また保存方法や与え方にも工夫が必要です。

 

ドッグフードで下痢になる主な原因

【食べすぎ】

食べすぎは胃腸に負担がかかるため、免疫作用として体が食べたものを急いで出そうします。ドッグフードに記載されている給餌量はあくまでも一つの目安だと思ってください。運動量・体つき・便の状態などよく観察しながら、愛犬に合った量や回数を与えてあげましょう。

【アレルギーのある原材料が使われている】

一般的な犬の食物アレルゲンとされている「牛肉・鶏肉・子羊(ラム)肉・鶏卵・乳製品・小麦・大豆・とうもろこし」はドッグフードに一般的に使われていることもあり、ドッグフードから食物アレルギーになる犬が年々増えているようです。他にも、発がん性のある添加物BHA・BHT・エトキシキン(酸化防止剤)をはじめ、保存料・着色料・発色剤による添加物のアレルギーがあります。低価格なドライフードは購入しない方が良いでしょう。

【ドッグフードの品質】

当然のことですが、低価格のドッグフードは低価格な原材料から作られています。極端に価格の低いドッグフードはおすすめできません。皆様は、ドッグフードのパッケージの裏にある原材料表記を細かくご覧になったことはありますか?原材料欄には多く使われている原材料から順に記載されています。犬はもともと肉食なので動物性たんぱく質を摂るのが自然です。穀物は消化器官に負担をかけてしまいます。メインがお肉になっているドッグフードを選びましょう。注意したいのが「チキンミール・ポークミール・ミートミール」です。これは「肉」ではありません。私たち人間が食用することが禁止されている「鶏肉副産物」「豚肉副産物」「牛肉副産物」のことなのです。肉ではない部分も含まれていて安全性が疑わしいです。ドッグフードを購入されるときは原材料をしっかりチェックしてください。

【ドッグフードの保存状態が悪く傷んでいる】

季節にもよりますが、ドライフードなら開封後は1か月以内を目安に使い切りましょう。開封すると同時に空気に触れ酸化が進んでいきます。できるだけ酸化しないよう密封保存し、直射日光が当たらない冷暗所で保存してください(未開封も同じです)。

【その他】

ドッグフードを他の種類に切り替えるときにも下痢になることがあります。愛犬の様子を見ながら、2~3週間かけて切り替えていきましょう。

1-3. おわりに

愛犬の健康に一番影響のあるものが、飼い主さんが毎日与えているドッグフードです。頻繁に下痢をする・何日も続く、という場合は、日ごろ与えているドッグフードに問題があると疑ってみてください。ドッグフードの基準は非常に甘く、私たち飼い主が厳しい目で品質のよいドックフードを選ぶ必要があります。また下痢の背景には命にかかわるような病気が隠れていることもあります。なかなか改善されないようでしたら病院へご相談ください。

【続けてこちらも、参考記事】 → 犬の下痢には要注意!年齢や症状によっては命に関わることも!?

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。