1.あなたの犬は大丈夫?犬の湿疹の原因について

1-1.犬の湿疹へのアプローチとして

皮膚をよく観察してみると、足やおなかあたりにポツポツと赤い発疹が。しかも痒がっているそぶりもある。もし、愛犬がそのような状況でしたら心配ですよね?よくある犬の湿疹の原因としては、膿皮症、脂漏性湿疹、マラセチアなどによるもの、汗と汚れによるもの、食べ物、アトピー、草や芝生、アリやハチ、ノミやダニなどの虫、寄生虫の感染皮膚に合わないシャンプーの使用などがあげられます。

原因特定は、基本的にまず、動物病院で行われる、飼い主さんへの細かい問診と皮膚検査や診察で原因を特定していきます。さらに必要に応じて血液検査なども行われる場合があリます。原因の特定ができた時点で初めて、犬の湿疹に対してどのような治療をしていったらよいかアプローチをしていきます。

【膿皮症】

皮膚にブドウ球菌などの細菌が感染して起こります。脱毛や赤い発疹、かさぶた、腫れ、発熱、痛み、膿疱などの症状が出ます。食事や栄養、また皮膚の清潔がたいせつです。

【脂漏性疾患・マラセチア】

犬に常在しているマラセチアという酵母が、免疫の低下や脂質の過剰分泌などの要因で病原体となり、炎症を引き起こしてしまいます。遺伝でも起こりやすいといわれています。外耳炎、発疹、被毛のべたつき、悪臭、紅斑、脱毛、ひっかき傷などの症状が出ます。食事や栄養の管理、ホルモン(甲状腺ホルモン、性ホルモン)の管理、シャンプーや薬浴での皮膚の清潔が大切です。

【汗と汚れ】

人間同様、あせもに似た症状です。汗が原因で皮膚に炎症が起こり、かゆみや発疹、かぶれなどおこります。お散歩の後や遊んだ後に、かゆみや発疹の原因にならないように皮膚の清潔を保つことが大切です。

【食べ物】

一番、湿疹の中でも命にかかわる部分ですので、気を付けなくてはならない所です。食事の材料の中に体に合わないものが入っている場合、湿疹が出る場合があります。時には湿疹以外に下痢や嘔吐の症状も出たりします。まずは、獣医さんとしっかり相談して食事の内容を決めて行く必要があります。

【アトピー】

これも、最近増えている症状です。犬のアトピー性皮膚炎より、赤い発疹が出たり、激しい痒みと痛みを伴ったりという症状が出ます。アレルギー除去、皮膚の清潔と保湿などのスキンケア、抗アレルギー剤の使用と投薬、食事や栄養の改善など大切です。(【参考記事】犬のアトピー性皮膚炎の原因と治療方法とは?

 

【草や芝生、蟻、蜂、ノミやダニなどの虫、寄生虫感染】

犬の中には草や芝生などに皮膚が反応して湿疹が出てしまうこともあるそうです。草や芝生のある所をお散歩したり、またそこで遊んでいると知らないうちに湿疹がでたり、赤く紅斑がでたりすることがあります。また、蟻にかまれたり、蜂に刺されたり、ノミやダニにかまれたりすると、皮膚炎を起こしてしまいます。激しい痒みに襲われ、時には虫の種類により脱毛など見られたりします。皮膚の清潔を保つこと、薬浴等が大切です。また動物病院に行くと、ノミやダニの駆除剤、かゆみを抑えるための治療など行われます。

1-2.普段の食べ物は犬の湿疹に影響するか?

 

答えとしては『影響します』。

 

もし、あなたの愛犬に急に湿疹が出たら、食事も原因の1つと考えなければなりません。何らかの刺激があるから湿疹として出ているわけです。栄養学的バランスはしっかり取れているのかな?、愛犬の体に合わないものが入っていないかな? など健康的な皮膚、被毛にするためにもバランスの取れた食べものを与えることは大切なことです。体は皮膚も含めて、食べたもので作られるのです。

1-3.おわりに

犬の湿疹の原因は、様々な要因によって引き起こされます。湿疹のかゆみや痛みは人間同様、犬にとってもつらいものです。早めに飼い主さんが気づいてあげることで、治療も早く開始することができます。大切な愛犬の健康を守ってあげられるのは飼い主さんだけです。日頃から注意深く愛犬の皮膚を観察し、健康管理をしていくことをおすすめします。

【参考ページ】→ 小型犬におすすめ!病気や健康を考えたドッグフードランキング

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。