1.犬の耳が汚れる原因とは?

犬の耳が汚れる原因にはいろいろあります。外耳炎、真菌、ダニ、食物アレルギーと様々です。また、垂れ耳の子は、通気性が悪く耳が汚れやすいです。多く見られる原因を紹介します。

1-1.外耳炎

耳掃除のやり過ぎやマラセチアの感染、ダニなど原因は様々である。罹りやすい犬種はやはり通気性の悪い垂れ耳の子たちです。他には、フレンチブルドッグなど皮膚の弱い子も罹りやすいです。症状としては、頻繁に頭をふる。しきりに首を掻いている。耳垢がひどく臭いもするなどです。大型犬の場合、頭を振り過ぎたために耳の毛細血管が切れ、血や漿液がたまる耳血腫を起こすこともあります。初期の場合は、漿液を抜く治療をすればよいが、重症になると手術をしないといけなくなることもあるので、普段から要注意です。

治療としては、点耳薬や耳掃除、場合によっては抗生剤の投与やかゆみ止めのステロイド剤を使用することもある。ダニが原因の場合は、駆虫剤の使用ををする。細菌、真菌が原因の場合は、湿気の時期に再発したり、完治するまで時間がかかることが多い。予防としては、むやみやたらに、耳掃除をやり過ぎないことや耳の状態、においを普段から把握しておきちょっとしたサインに気づくことも大事です。

1-2.耳ダニ

ミミヒゼンダニという耳にだけ寄生するダニが原因。耳ダニに感染すると多量の耳垢が出てきますが、この耳垢の中にダニの卵がたくさん入ってます。耳ダニは永久寄生性で一度寄生すると、耳から出る分泌物や耳垢などを食べてずーっと一宿主の体表で過ごします。また、繁殖能力が非常に高く多頭飼育しているところでは、1頭が感染すると次々に感染していきます。

耳ダニの卵は産み出されてから成ダニに発育・成長するまで3瞬間程度と言われています。また、耳ダニに感染すると尋常でないぐらい激しい痒みがあります。しきりに頭を振ったり、床に耳をこすりつけたり、掻いたりして皮膚が傷つき細菌性の皮膚炎や外耳炎を発症することも多々あります。

黒っぽいカサカサした耳垢が出てくると耳ダニに感染している可能性が高いです。すぐに動物病院で診てもらいましょう。

治療としては、耳ダニの薬を最低でも3週間くらい一定間隔で投与します。耳ダニの薬は成ダニと幼ダニに効果があるので、状態が良くなったからと言って勝手に途中でやめてしまうと卵だった耳ダニが駆虫されずに終わってしまうということになるので、必ず、3週間は続けましょう。また、2次的な皮膚炎などの感染がある場合は、同時に抗生物質や抗炎症剤を使うこともあります。

1-3.フードが原因の場合

フードと耳が汚れるのは関係があるの?と侮られがちだが、実際、関係がある場合もあります。現在使われているフードがチキンや牛が主な原材料だったら、アレルギーを起こしにくいと言われているラム肉や七面鳥、魚に変えてみるのもよいです。また、防腐剤や保存料などの添加物が原因になっている場合もあります。ワンちゃんの体質も大きく影響するが、脂肪分が多いと耳垢や目やにが増えたりすることが多いようです。

【参考】→ 小型犬におすすめ!病気や健康を考えたドッグフードランキング

1-4.まとめ

通気性の悪い耳が垂れている子たちは、日頃からこまめにチェックする必要があります。また、綿棒での耳掃除は傷つけてしまったり、奥へと押し込んでしまったりすることもあるので、コットンを精製水で湿らしたもので軽くふく程度でも大丈夫です。耳掃除のやり過ぎは逆効果にもなることがあるので要注意です。ワンちゃんの体質にもよるのだが、脂肪分が多かったり、チキンが主原料だったりすると耳垢が増えることもあるので、耳垢がひどくて悩んでる方は、一度ドックフードを無添加フードに変えてみるのもおススメです。

【関連記事】→ 初めての無添加ドッグフード。選び方と重要性をまとめました。

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。