1.ゼリー状の下痢の時って、一体何が起こっているの?

犬の便がいつもと違っていると、「何が起こってるの??」と心配になってしまいますよね?体調のバロメーターになっている便が下痢になった時に、ゼリー状のものがあったり、粘膜が混ざっていたりします。

 

“いったいどんな原因があるのか?”しっかり見ていきましょう。

 

犬の便にゼリー状や、ネバネバしていたり、プルプルしているものが含まれている便は、一体何で出ているのか分からずに焦ってしまうことがほとんどです。もし便にゼリー状のもの、粘膜か粘液か分からないものがあった時、どんなことか考えられるかをまとめてみました。

 

1-1.理由を紐解いていく。

犬の便に粘液が混ざることがあります。特に下痢の時に混ざることが多いです。その時の粘液はゼリー状や、ネバネバしたものが多いです。実はすべて大腸から分泌される粘液なんです。腸内で分泌した粘液が固まって、ゼリー状になっているんです。普段出ないものなので病気なのかと焦ってしまいますが、実は腸内からの分泌物と分かると安心できますね。

 

分泌物が出る理由は?

ですが、なぜ腸内から分泌物が出るのでしょう?その理由は、大腸が傷んでいるからです。大腸の痛んでいる所を粘液を分泌させることで修復しようとしているので、腸内から分泌物が出るのです。下痢をしている時はどうしても大腸の壁が傷みやすくなっていますので、粘液が出やすくなっている結果、ゼリー状の便が出るのです。もちろん、便の滑りを良くするためや、身体の反応で、体長が良い時でも粘液は分泌されていて、見た目ではほとんど分かりません。ですが、下痢をしたときには粘液が便と一緒に出てくることが出来ず、に下痢便だけ出てしまいます。下痢が治った時に修復しようと分泌していた粘液がまとめて便と一緒に出るので、ゼリー状の塊になるのです。

 

1-2.対処法はどうすれば?

ゼリー状やネバネバしている便の時は、ビオフェルミンがおすすめです。実は、人間用の1粒6等分位を目安に砕いてあげることで効果を発揮してくれます。人間が服用した時と同様で、胃腸の動きを助けてくれます。ビオフェルミンで対処するとゼリー状の粘液は大腸が良くなると出なくなりますが、続けて出る場合は病院に連れて行き、診察を受けるようにしましょう。

(【参考記事】犬の下痢と嘔吐の様子見の症状と病院へ行く症状を知ろう!

 

1-3.まとめ

以上、「どうしたの!?犬のゼリー状の下痢の原因について知っておこう!」というテーマでお伝えしていきましたがいかがでしたでしょうか?見慣れないゼリー状の便やネバネバした便を見るととても不安になりますよね?ですが、なぜ出ているのか理由が分かると安心ですし、愛犬の身体の中で何が起きているのか把握することが出来ます。飼い主さんの過剰な心配は愛犬のストレスにもなりますので、注意しながら様子を見ることも大切です。

 

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。