1、犬が糖尿病になってしまった時の食事

人間と同じように、犬も糖尿病になります。犬の糖尿病も、「インスリン」というホルモンの不足や効き方が弱くなることなどによって、血液中の糖分が慢性的に多くなってしまう病気で、犬の場合のほとんどがインスリンの不足が原因で発症するとされています。
犬が糖尿病になってしまう原因としては、主に「肥満」、「遺伝によるもの」、「運動不足」などが挙げられますが、症状は実に様々であり、「水を大量に飲む」、「食べる量が増える」、「体重減少」、「おしっこの量や回数が増える」、「白内障」等など・・・色々な症状が現れてきます。

1-1、犬が糖尿病になってしまったら・・・食事面も見直して!

もしも犬が糖尿病だと診断されたら、まず一番最初に行うべきなのはやはり「食事面の見直しと改善」でしょう。普段食べているドッグフードは穀物が含まれているものが多く、どうしても糖分を過剰に摂取してしまいがち。糖尿病専用のドッグフードもありますのでそちらに切り替えるのも良いですし、従来のフードの量を減らし、野菜のトッピングをしてあげるという方法もおすすめです。野菜の繊維質やビタミン、水分などが、血糖値の上昇を防いでくれます。

犬の体に良いとされる野菜はキャベツ、ブロッコリー、にんじん、大根、トマトなどです。これらを茹でたり細かく刻んだりして食べさせてあげたり、トッピングやフードに混ぜ込み「量増し」してあげることで犬も満腹感を得ることが出来るでしょう。

また、食事面の改善を図る際、「インスリン注射の有無」も非常に密接に関わってきますので、かかりつけの獣医師とよく相談して行うようにしていきましょう。

1-2、まとめ・・・

犬も人間と同じく「糖尿病」になってしまうことがあります。糖尿病とは、インスリンというホルモンが不足したり効き方が弱くなることで血液中の糖分が慢性的に多くなってしまう病気のことを言います。主な症状としては、水を大量に飲んだり、食べる量が増えたり、体重の減少、排尿回数の増加、白内障等など、実に様々なものが現れてきます。

もしも犬が糖尿病になってしまったら何をすればよいか。まずは、「食事面の見直し」を行いましょう。ドッグフードに多く含まれている穀物は糖分が多いので、糖尿病にはあまりよくありません。糖尿病専用のドッグフードもありますのでそちらに切り替えるのも良いですし、普段食べさせているドッグフードの量を減らし、代わりに野菜のトッピングをしてあげるという方法もいいですね。野菜に含まれる繊維質やビタミン、水分などが血糖値の上昇を防いでくれると言われています。
キャベツ、ブロッコリー、にんじん、大根、トマトなどを小さく刻んだり茹でたりしてフードに混ぜ込むか、トッピングにして量を増やしてあげることで犬も満腹感を得られるでしょう。

また、こうした食事療法をする際はインスリン注射の有無も大きく関わってきますから、かかりつけの獣医師に相談しながら行うようにしてみてくださいね。

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。