1,犬の変形性脊椎症との付き合い方は?

犬の変形性脊椎症は老化減少の一つと捉えられていますが、飼い主の努力でその進行のスピードを変えることができます。今回は変形性脊椎症の症状や原因を紹介しながら治療法・飼い主にできることを紹介します。

1-1.犬の変形性脊椎症の症状について

犬の変形性脊椎症は老化現象の一つとされています。脊椎の中には様々な神経が通っていますが、これらの神経が圧迫されることで痛みや麻痺といった症状が発症します。その結果、歩行困難や中腰の姿勢でのトイレができなくなるといった症状に現れます。これらの症状は「突然起こる」ということは少なく、はじめはふらふらしていたのが徐々に立てなくなり、いつの間にかすっかり立てなくなってしまった・・・というように、徐々に進行していく特徴があります。劇的な変化がない分、普段から愛犬の様子をよく観察し、ちょっとの変化に気を付けることが必要です。

1-2.変形性脊椎症の原因

変形性脊椎症の原因は「老化」と言えます。具体的には、老化が原因で起こる関節炎の一つと言えます。老化によって関節の軟骨がすり減って変形してしまったり、または脊椎の一部がカルシウム沈着を起こして異常な突起やブリッジができたり、隣り合う脊椎がくっついてしまうことが直接の原因です。これに加え、肥満や激しい運動、逆に運動不足で背中の筋肉が衰え、脊椎に負担がかかるような要因があると、発症が加速する可能性もあります。

1-3.変形性脊椎症の治療・飼い主にできること

変形性脊椎症の主な治療は「痛みの緩和」です。その為に抗炎症剤や鎮痛剤などを投与するのが一般的です。神経が集中している脊椎は、一度発症すると完治するための治療は難しく、症状を予防することしかできません。そのため、脊椎のある背骨に余計な負担をかけないように予防を心がけることが大切です。飼い主にできることとして、いくつか下記に紹介します。

  • 関節を保護するサプリメントを投与する(獣医師でもらうことができます。)
  • 太りすぎないように食事や体重を管理
  • 高齢になってきたら過剰な運動は避ける
  • 高齢になってきたら、太りすぎないように適度な運動を心がける
  • 高齢になってきたら高いこところからの上り下りをできるだけ避ける(上り下り時に飼い主が抱っこしてあげるなど)

以上のように、飼い主によって脊椎に負担がかからないように普段の生活環境を整えてあげることが大切です。

つまり、変形性脊椎症には飼い主によるサポートが不可欠になります。

1-4.まとめ

犬種によっては高齢になる前でも変形性脊椎症を発症する可能性の高い場合もあります。愛犬の犬種に起こりやすい病気を確認するとともに、年齢に応じて愛犬へのケア方法を変えていくことも飼い主にできる大切な対処法といえます。是非愛犬の生活環境を見直してみてください。

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。