photo-1426287658398-5a912ce1ed0a

愛犬が大腸炎になってしまい、どうすれば?と悩んでいる。

今回はそんな飼い主さんに愛犬の大腸炎対策をお伝えしていきます。

1.犬の大腸炎の症状と原因

口から入った食べ物は胃である程度まで消化され、その後十二指腸で完全に消化され小腸で栄養を吸収。その後、大腸で余分な水分を吸収します。

腸炎は小腸が炎症している場合で大腸炎は大腸が炎症しているもので、腸炎と大腸炎とでは異なる症状が出ます。

大腸炎の症状は?

腸炎症状

嘔吐 下痢 水を大量に飲む おしっこが増える お腹が鳴る

大腸炎症状

下痢(粘液便や血便) 便の回数が増える 嘔吐

「大腸炎=下痢」といわれるくらいに、大腸炎は下痢の症状がほとんどです。下痢の中に粘液や血便が見られるなら大腸炎症状です。あとは便が出ないのにも関わらず排便をもよおす事も特徴です。

 

大腸炎の原因は?

大腸炎になる原因としては、ストレス、暴飲暴食、寄生虫、腫瘍や尿毒症などの疾患、食物アレルギー、腸内細菌の増加、食品ではない異物の誤飲、抗生剤などの薬の副作用などが考えられます。

病気ではない場合、原因不明ということが多いのですが、まず大腸炎の症状が出たら重大な病気のサインかもしれませんので様子をみるのではなく病院に行くことをおすすめします。

 

2.犬の大腸炎の対処策

e5dd08745587f02ebb4c252df3dcf2c8_s

大腸炎への対処法は病院と自宅療養で異なります。以下をご参照くださいませ。

病院での対処法は?

病院では整腸剤や粘膜の保護剤の投薬、下痢止め、ステロイド剤などがあったりすると思います。寄生虫の場合は虫下しを飲ませたり、病気があればその病気の治療が始まると思います。下痢が酷い場合は脱水症状が出ますので点滴治療を行う場合もあるでしょう。

自宅での対処法は?

では、お家ではどのように対処してあげたらいいのでしょうか?

大腸は毎日排便をするために1日も休むことは出来ません。大腸も自然治癒力が高いため炎症を自ら抑えようとしますが毎日働きながらでは治りにくいです。1度普通の便に治ってもまた再び下痢になるという事はとても多いです。そのため、体力のある子であれば、絶食する事が望ましいです。

絶食が一番いい

もともと自然界の動物は怪我や痛みがあると、食事も取らず、治るまでじっとしています。これは、食事を摂る事で消化吸収するために体力(エネルギー)を使ってしまうからです。怪我や痛みを治すには体力(エネルギー)を全て治癒のために使うために、何も食べず動かずじっとしているのです。

そして大腸炎の場合には大腸が炎症しているわけですから、大腸を休める事で治りも早くなります。

一般的に言われるのは“12時間程度の絶水”と“24~48時間固形物を与えず絶食”させます。(※ただ、お水は12時間以上の絶水はさせないで下さいね。)

絶食後の注意点

絶食後は急にドライフードをあげると胃腸もびっくりしてしまいますのでお粥など胃腸に負担のかからないものを少しずつ与えるようにして下さい。もし、体力がない子犬や老犬などは絶食をさせずに食事をお粥や脂の少ない鶏のささみなど胃腸に負担のかからないものに変更することが望ましいです。

どちらの場合も人肌に温めてあげると胃腸にも優しいです。

大腸炎になっていると心身ともに犬も疲れます。飼い主さんがゆっくり撫でてあげたりスキンシップを取る事で愛犬のストレスも軽減されます。大腸炎になってしまった犬は体温も冷えやすいので室温や体温に気を付けてコミュニケーションする時間を取ってあげて下さいね。

絶食が難しい場合

そして体質や年齢(老齢や子犬)によって絶食が難しい子やの場合もあると思います。その場合は油分の多い食事を控えましょう。ドライフードは油でコーティングされているので出来たらドライフードではないものがいいのですが、いきなりフードを変える事も胃腸に負担のかかるものです。そのため、いつものドライフードの量を減らし胃腸に優しい大根やリンゴのすりおろしお粥などを与えましょう。タンパク源として消化にいいのは生肉ですが、普段生肉を与えていない場合は湯通しした鶏ささみなどを与えましょう。

 

3.再発防止のための原因をつきとめる

magnifier-424567_640

大腸炎はストレス・腸の負担・アレルギー・ウイルスや細菌が原因で起こる事が多いと言われています。

環境に変化があってそれが愛犬のストレスになっている場合、脂っこいものを食べたりいつも以上に食べ過ぎる事で胃腸に負担が掛かってしまっている場合、アレルギー症状が起きている場合、ウイルスや細菌に感染した場合などが考えられるのです。

普段から食生活に気をつけて愛犬にストレスが掛かっていないかを確認してあげましょう。

 

4.まとめ

どちらの場合も下痢は脱水症状を引き起こしやすいものです。常に新鮮なお水を飲めるように用意してあげる事が必要です。症状が酷い場合には、点滴や整腸剤などを用いて体調管理をする事も出来ます。

そして愛犬の様子をよくみて、少しでもおかしいと思ったら迷わず病院に行って治療や指示を仰いであげて下さいね。

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。