1.とっても怖い脳の病気!犬の脳梗塞とは

1-1.犬の脳梗塞とは

人間では聞いたことがある脳梗塞。
犬にもあるの?と驚かれる方もいるかもしれませんが、あります。
人間と同じように、脳に血栓ができて血流が滞ってしまう恐ろしい病気です。
いったい何が原因で起きて、どういう症状が出てしまうのでしょうか。
今回はそのお話しをしたいと思います。

1-2.脳梗塞の原因と症状

最も多い要因として挙げられるのは、老齢であること。
基本的には人間と一緒で、脱水症状により血液が凝縮してしまい血栓ができやすくなってしまったり、元々心臓病や甲状腺機能低下症、副腎皮質機能亢進症などを発症していて、それが遠因になっていることもあるようです。
症状として現れるのは、なんだか落ち込んでいる(元気がない)ように見えたり、筋肉がやけに震えていたり、左右どちらかが麻痺、あるいは痙攣したり、眼球がぐるぐる回っている眼振と呼ばれる症状などが現れます。
目に見える程明らかな症状が現れていれば分かりますが、最初は目立たない症状であることが多く、発見が遅れがちになります。
犬が脳梗塞になるそもそもの原因というものは、実はまだはっきりとは分かっていません。
上で挙げたものは「脳梗塞になった犬に多いので、恐らく原因であろうもの」です。だから、若いしまだ大丈夫と思わないほうが良いかもしれません。

1-3.脳梗塞の治療

脳梗塞は、発見から3時間以内に適切な処置を行えば回復するケースが多いようです。
しかしながら、人間のようにちょっとした違和感などを犬自身が訴えることはないので、ほとんどの場合、発見が遅れます。
飼い主が飼い犬を見ていて少しでもおかしいと感じたらすぐに動物病院で診てもらうようにすれば、早めに発見することができるでしょう。
発見が遅れてしまうと、治療ができて一命をとりとめたとしても、麻痺などが残り、その後の生活に支障が出ることがあります。
また、血栓ができた場所によっても症状が変わってきます。
全く歩けなくなり寝たきりになってしまうなど身体機能に重い後遺症が残ったり、嚥下機能に支障が出て今までのように食べたり飲んだりできなくなってしまったり、ということもあります。

1-4.おわりに

脳梗塞はとても怖い病気です。
しかし適切に、素早く対処すれば、回復する病気でもありますので、もしご自身の愛犬が脳梗塞になってしまったとしても、決してあきらめないでください。
とにかく脳梗塞が疑われたら、すぐに病院へ行くようにしましょう。

【参考】→ 犬の病気に関してもっと詳しく調べたい方はこちら

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。