1. 犬の口臭は解決できる?

皆様は、可愛い愛犬の口臭が臭いと感じたことはありますか?もともと口臭が全くない犬はいませんから、多少の口臭はもちろん正常範囲内です。口臭のほとんどは口の中の病気が原因ですが、大きな病気のサインのひとつとしてあらわれることもあります。愛犬のお口から今までとは違う口臭がする・においが強くなったと感じられる場合は、もしかしたら何らかの病気が生じている可能性があります。

1-1. 犬の口臭の原因は「口の中の病気」「腸内環境の悪化」「大きな病気のサイン」!

【口の中の病気】歯垢・歯肉炎・虫歯・口内炎など
犬の口臭のほとんどは口の中の病気が原因といわれています。口の中の病気で多いのが、歯肉炎・歯垢が溜まることです。どんな犬でも、歯垢や歯石は年齢とともに付きやすくなります。口の中で繁殖した細菌が食べかす・歯垢・たんぱく質などを分解して、口臭の元となるイオウ酸化物を生み出します。歯を支えている骨や歯ぐき・歯根を覆うセメント質などが、このイオウ酸化物により破壊されることで口臭はひどくなります。

【腸内環境の悪化】

腸内環境が乱れている場合は、口臭が強くなります。口臭がする愛犬の歯を、乾いたタオルで拭いてみましょう。タオルが臭くならなければ胃腸から臭いがあがってきている可能性があります。歯のケアをこまめにしているのに口臭が改善されない場合は、胃腸が原因かもしれません。腸内環境を整えるには、善玉菌を増やしてくれる乳酸菌=ヨーグルトを食べさせるという方法がおすすめです。

【口の中以外の病気のサイン】

咽頭炎・胃腸の病気・鼻炎・尿毒・糖尿病・腎臓の病気・口の中のガン・消化器のガン・感染症など
また、強い口臭の症状には口の中の病気だけでなく、糖尿病・重い鼻炎・腎臓病・口腔ガン・肺ガン・消化器のガン・感染症など重大な病気が隠れていることがあります。
愛犬に今までとは違う強い口臭があるときはこれらの病気を疑って、一度動物病院へご相談されることをおすすめします。

1-2. 犬の口臭のおすすめ対策は?

【ドッグフードを切り替える】

ドッグフードに含まれている油分は口の中で酸化して臭いの原因になり、穀物などの炭水化物は歯垢の原因になります。安心できる原材料を使った良質なドッグフードに切り替えるのがおすすめです。添加物や穀物の含有量が少ないドッグフードは口臭・体臭トラブルが起きにくいようです。。切り替える場合は、徐々に混ぜながら10日~2週間ほどかけてゆっくり切り替えてあげてください。また、ドッグフードが体質的に合っていないことも口臭の原因になります。その場合はさきほどもお伝えした【腸内環境の悪化】にありますように、胃腸が弱っている症状もあらわれていると思います。「歯のケアをしているのに愛犬の口臭が気になる」という方は、ドッグフードを見直してみませんか?

【歯磨き】

犬の口臭対策には、歯の隅々の食べかすや歯垢まできれいに取り除いてくれる歯ブラシを使うのが一番良い方法です。犬も人間と同じように、食事をすれば歯垢がたまります。歯磨きはできるだけ毎日の習慣として行いましょう。(【参考記事】→ 犬の虫歯の対処法について。【治療費は?普段のフード選びは?】

 

【歯磨きシート】

歯ブラシを嫌がる場合は、歯磨きシートを使いましょう。歯磨きシートなら比較的嫌がられないようです。歯磨きシートの代替品として、軍手をはめた指で拭いてあげたりガーゼを巻いた指で拭いてあげても良いですね。拭くときはゴシゴシと強くこすらないように注意してください。

【歯磨き効果のある犬用おもちゃ】

歯磨き効果のある犬用おもちゃで愛犬のお口の中をキレイに保つという方法があります。布製のロープやゴム製のおもちゃなど、歯磨き効果がある商品がたくさん販売されています。ただし不衛生になりやすいので、こまめに洗ってあげるようにしましょう。

犬の口臭対策アイテムとして歯磨きガムがありますが、カロリーの摂りすぎや消化が悪いという問題がありおすすめできません。動物病院で歯石を取り除いてもらう方法もありますが、麻酔をかけて行うため愛犬の体に大きな負担をかけることになります。年齢的な問題や治療中の病気などで麻酔をかけた歯石除去ができない場合もあります。大事な愛犬の口臭予防のために、毎日ケアする時間を作ってあげましょう。

1-3. おわりに

犬の口臭の原因が「口の中の病気」「腸内環境の悪化」「大きな病気のサイン」の3つあることが分かりましたね。まずはこまめな歯のケアをしてあげることが愛犬の口臭を防ぐ第一歩ですが、口臭には大きな病気のサインが隠れていることもあります。ただの口臭だと安易に考えず、ちょっとでも気になることがあれば動物病院へご相談ください。

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。