1.犬の急性膵炎への対処法として。

 

1-1.膵炎と言っても症状は様々。

膵炎と言っても状態によって異なります。そのため、一概にこの治療をすれば良いというわけではないですが、治療法というのがありますのでそれで様子をみるようにしてください。治療によってはかなり良くなる場合もあれば、あまり変わらない場合もありますので注意です。出来るだけ回復出来るように手を尽くすようにしていきましょう。

1-2.急性膵炎の対策について

急性膵炎は、症状が進行しやすく、痛みなどが出てくる症状です。そのため、注意深く対策をすることが大切になってきます。まず必要なことは“現状の把握”をしっかりすること。現状はどのような状態なのか?を理解した上で、どの対策をすべきか?を選択していきましょう。症状が症状なだけに一番におすすめするのは「病院に入院する」ということとなります。

治療方法例

具体的な治療法としては以下のようなものがあります。

痛み止め&自然治癒

まず、基本的に痛み止めで鎮痛剤などのもので痛みなどの機能を一時的に抑えてその間に自然回復するやり方があります。急性膵炎でも症状の状態によっては回復できますが、症状がかなり進行していると少しむずかしい場合がありますので注意です。

手術

次に、手術ですがこれは膵炎の悪化したところを切り離すやり方です。効果的には高いのですが、再発などもしやすく注意が必要でしょう。それに、年齢や状態によっては手術に耐えることが出来ない体力になっており、手術が難しいといったことがありますので注意です。

生活改善

あとは治療というよりも生活の改善です。食事バランスや生活環境を良くすることで症状を抑えることが出来ます。ただし、症状の状態によっては差ほど変わらないということもあります。ちなみに、栄養バランスを考える際にドッグフードの選択などを考えることで解決出来る場合があります。

(【参考】→ 小型犬におすすめ!病気や健康を考えたドッグフードランキング

 

1-3.おわりに

以上、「【飼い主必見!】犬が急性膵炎に!とるべき措置と治療法とは?」というテーマでお伝えしてきましたがいかがでしたでしょうか?膵炎はやはり病気ですので“獣医との連携”が重要です。特に栄養バランスの取り方は獣医ではなく飼い主が普段から意識していかなければいけません。もちろん、入院となると話は別ですが、それでも飼い主自身が注意しないといけないことです。犬の急性膵炎を出来るだけ抑えるためにも、普段からワンちゃんの体に負担の少ないドッグフードなどを意識して与えるようにしましょう。また、併せて、“犬が問題ない生活が出来るような環境を作る”ことも重要ですので、その点も意識し対応するようにしてください。生活環境からの影響は大きく、環境が悪い場合、環境の改善が無い限りは治療をしても状態は上向きにならないことが多いです。特に、タバコなどは絶対に近づけないようにしましょう。

普段からのごはん選びは生活環境の改善の積み重ねが症状に対する一番のケアとなります。愛犬の健康のためにも、出来ることから一つ一つケアしていくようにしてくださいね。

 

 

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。