1.犬の毛が抜ける時のケア方法

1-1.愛犬の毛が抜ける時のケア方法はどうすれば?

愛犬の毛が抜ける時はどのようにケアをすればいいのでしょうか?
まず皮膚病の疑いをしてあげましょう。
皮膚が赤くなっていたり、かさぶたが出来ていた場合は皮膚病の疑いがあります。その場合は動物病院へ行く事が必要です。皮膚病は治るのに時間が掛かるケースが多いので早急に病院で治療を開始した方がいいのです。
もし皮膚に異常がなければ、季節のために抜け変わっていると考えていいでしょう。春と秋は毛が抜け変わる時期です。ブラッシングを行いシャンプーもこの時期に行ってあげましょう。犬にはシングルコートとダブルコートの種類がありますが、ダブルコートの犬種は特に毛が多く抜けます。毎日のブラッシングは死毛を取り除き、皮膚を活性化させます。ブラッシングは毛の抜け変えの時期にはとても重要なものです。

 

1-2.犬の抜け毛

犬はアンダーコート(下毛)とオーバーコート(上毛)を持っています。

「シングルコート」というのは主にアンダーコートが発達していて抜けないので、オーバーコートはほとんどない状態です。アンダーコートは抜けずに伸び続けるケースが多く、例外はありますが、トリミングが必要な犬種がこちらにあたりはまります。

「ダブルコート」というのは寒さから身を守るために発達している被毛です。秋にはアンダーコートが生えてきて寒さに供え、春にはアンダーコートは抜けて夏を乗り切れるように被毛を調整しているのです。このことからダブルコートの犬は換毛期には非常に多くの毛が抜けます。これは、ブラッシングをしてもすぐに触ると毛が抜け、ダブルコートの犬が歩いたり体を振ったりするだけで毛が舞います。初めてダブルコートの犬と一緒に生活するとその抜け毛にびっくりするくらいのものになります。

 

【関連記事】

犬が換毛期に。毛が抜けることでの健康や病気への影響は?

 

1-3.犬の皮膚を丈夫にするために

皮膚を丈夫にする事も抜け毛の手入れとしては必要です。皮膚が弱いと皮膚病になりやすいからです。抜け毛を放置しているだけでも皮膚病になりますし、皮膚病になっても抜け毛によって脱毛が起こる事があります。「シングルコート」の犬は毛が伸びる事が多いので皮膚が蒸れた状態になりやすいために定期的にトリミングをし、余計な毛を切り揃える事で被毛内の換気が良くなります。「ダブルコート」の犬は毛が抜け落ちる為に定期的なブラッシングをして死毛を取り除く必要があります。いつまでも死毛が絡みついているのは皮膚にとってよくありません。

 

1-4.まとめ

愛犬の皮膚に異常がないのに抜け毛が多い場合はブラッシングをよく行い、死毛を取り除きましょう。ただ、換毛期でもないのに抜け毛が多い、シングルコートの犬なのに抜け毛が多い、というのは皮膚病、もしくはホルモンの異常の可能性もありますので病院に行ってくださいね。

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。